マンション外壁塗装工事を依頼する際の業者を決めるポイント3つ

業者を選ぶ際は実績や工事保証、アフターフォローなどの確認をしておきましょう。特に重要視したいのが施工の内容です。施工項目ごとにしっかり説明をしてくれる業者を選ぶことです。

一般的には複数の塗装業者から見積もりを取り、比較して検討する流れが多いでしょう。見積金額だけで判断せず、内容重視で比較することです。

まずは、ネットやスマホで簡単に検索ができるので、マンションの施工実績がある専門業者や地元、近場の塗装業者のサイトを訪問するとよいでしょう。

 

◆塗装業者を決めるポイント3つ

業者候補が絞れたら見積もりを依頼しましょう。点検に訪れたときの業者の対応も判断基準になります。良心的な業者を見抜くために言葉遣いや、外壁チェック作業中の様子をよく観察しましょう。

 

【マンション外壁塗装】業者選びポイント1 見積書の内容をチェック

工事内容・内訳・作業範囲・単価が細かく記載されているか確認します。

特に下記で説明する工事内容は入念にチェックしましょう。

 

 

養生:塗料が付着しないよう保護すること シート養生は足場の外側に取り付け、塗料の飛散を防止します。開口部などへの養生はビニールを使用します。養生の精度は仕上がりにも影響するので、どの程度の養生が行われるか確認します。

シーリング処理:外壁の目地や隙間にシーリング材を注入すること シーリング(コーキングともいう)は打ち直しと打ち増しがあるので、どちらを行うのか確認しましょう。手間がかかる分、打ち直しの方が価格は高めです。

下塗り:下地の強化・塗料の吸い込み調整・ムラ防止 シーラーという下地材を塗った後、2度塗り3度塗りが行われます。内訳をチェックし何回塗装が行われるか聞いておくとよいでしょう。

保証内容も確認します。一般的には備考欄に、どのような保証が行われるのか名称の記載がありますので、詳細は必ず口頭で確認しておきましょう。

 

【マンション外壁塗装】業者選びポイント2 施工実績がある業者を選ぶ

一般的な塗装と規模が違うため、最適な塗装工程を熟知している必要があります。 実績のある塗装業者なら安心です。

 

 

【マンション外壁塗装】業者選びポイント3 悪質業者の見極め

値引き交渉をしてくる業者は注意が必要です。適正価格で見積書が作成されていれば基本値引きはありません。契約を急がせる場合は悪質な業者かもしれません。 さらに高額請求をする業者も存在します。見積書に不必要な工事内容が記載されていたり、単価が明らかに高く設定されていたり、その割に内訳の記載が大雑把という杜撰な見積が多いです。

着工しないと分からない点ではありますが、基本、雨の日は施工しません。仕上がりに悪影響があるためですが、悪質な業者は雨の日でも施工するケースが多々みられます。

 

まとめ

塗装業者を決める際は3つのポイントを重視したうえで、相性の良し悪しや人柄を選択肢に入れるとよいかもしれません。施工内容の詳細な説明、金額の妥当性などを何社か比較してみるとよいでしょう。見えない部分が多い塗装工事は、信用できる業者に依頼することです。

 

▼埼玉県の外壁塗装・屋根塗装、塗替え専門店マルキペイントのHPはこちら▼

▼マンション大規模修繕についてもっと知りたい方はコチラ▼