はじめましての方へ | 埼玉の外壁塗装ならマルキペイント

はじめましての方へ

本ページの内容を動画で紹介しています。ぜひご覧ください!


どんな工事を行うべきなのか?について

住む人の健康保持

当社のホームページにお越しくださりありがとうございます。
私たちは外壁塗装専門店でありながら、日本で唯一、住む人の健康を考えた外壁塗装を提供する会社です。

外壁塗装で健康?と思われる方が殆どかもしれません。
しかし、ここには密接な関係がございます。

雑菌が繁殖した断熱材

建物のメンテナンスを20年~30年全く行っていないお宅にお邪魔すると、
室内がジメジメします。
和室の壁にはコケやカビのようなものが生えているお宅もありました。

これは、お家のメンテナンスを行わなかったことにより、
外部からの亀裂や壁自体の消耗による吸い込みにより、内部に水が入りこみ、柱や断熱材に湿気が溜まり、雑菌を繁殖させます。

この雑菌などからカビが生え人体に影響を与えるのです。

人体に影響って大げさだな!」と思われた方もいるかもしれませんが、決して大げさではございません。

肺炎や喘息、アトピー、シックハウスなどの原因となるカビ

現にカビから肺炎を起こし亡くなった方もいます。
また、そこまででなくても、喘息やアトピー、シックハウスなどの症状を起こす原因でもあります。

ですから、外壁塗装をすることで、
お家の健康と住む方の健康を害さない工事に着目しております。

当社の理念とは。

ここで少し当社のことをお話しさせてください。
当社の理念は「幸せのお手伝い」を掲げています。お客様はもちろん、社員、職人など、関わる人すべての人が、幸せであることを願う気持ちで仕事をしていきたいと考えてです。

「幸せ」の大事な条件の1つに健康は切っても切れないものと言えると思います。

幸せな状態を作るための図

右の図は、幸せな状態を作るための図です。
これは、世界No1のコーチと言われる、アンソニーロビンズが伝えていることで、幸せになるための条件をこの図で分かりやすく解説しています。

殆どの方は、お金を欲しいと考えますし、私も例外ではなくほしいです(笑)

しかし、お金や貢献と言うのは結果であり
土台の部分、身体や感情を整え、その上で人間関係や時間の使い方、仕事、使命などの実践を経て、結果が付いてくるということです。

もちろん、土台の部分(身体や感情)をおろそかにし、お金を得ている人も、いるでしょう。しかし、長くは続かないし、幸せな生き方ではないということが言えます。

私たち、マルキペイントでは、外壁塗装などの工事で健康を提供することで、幸せであるための、土台作りを使命としています。代表である及川正基は、NLP
心理学トレーナーとしても、土台である感情作りのお手伝いもしております。

どんな工事を行うべきなのか?

では、どのような外壁や屋根、防水工事を行えば、お家と住む人の健康を保持できる工事が出来るのでしょうか?

それは、まずはご自身の建物、そして工事のことを理解してください。
その為のコンテンツを用意しております。それを見て進んでいただければ、お家の特徴などが分かり、どんな工事が必要なのかが分かります。

なぜ、そんなことを知らなければいけないの?
そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

では、もしご自身の体調が悪いため、薬を購入したとします。せっかく薬を購入したのに体調は一向に良くなることがありません。

体調が悪いイメージ

当たり前ですが、体調が悪いというだけで、風邪を引いたのか、インフルエンザなのか、肺炎なのか、それとも癌なのかを知らずに、薬を購入しているわけです。それでは体調がよくなることはありません。

健康を維持するには、自身の体の特徴を知り、そのための対策をすることで健康維持が出来るようになります。

建物も同じです。建物の形状、素材、環境、などで耐久維持が大きく変わり、工事の内容や工事スパン、使用する材料などが変わってくるのです。

この業界では、この塗料は10年持ちます、あの塗料は15年持ちます、と言っていると思います。きっと99%の業者はこういった説明をするでしょう。

しかし、これは全くの嘘です。そんなものはありません。簡単に言えば、10年持つと言われる塗料でも20年持つことも出来ますし、3年しか持たない場合もあります。

「腕の差、工事の差と言いたいんでしょ?」
そう思った方もいるかもしれませんが、それだけではありません。

確かにその部分もありますが、お家を知ることで大きく変わります。もっと言えば、同じ塗料でも、色や艶の有無でも耐久が大きく変化します。ですから、このシリコンは10年持ちますとか、このフッ素は20年持ちますというのは、全て嘘のなのです。

これを読んでいる塗料関係者は、「その通り!!」と100%思っているはずです。
そのくらい、一般の方に伝わっていることと、現実にはギャップがあります。

では、なぜこういった嘘が世の中に出回ってしまっているのか?
それは、塗装会社やリフォーム会社など、外壁塗装を提供している、ほとんどの会社の知識が乏しく、理解をしていないで塗料メーカーが伝えていることを、歪曲し捉えているからです。

促進耐候性試験結果

10年という期間は耐候性実験結果をもとに、予想される年数であり、実際は塗料以外の環境が大きくかかわることが大きいのです。

そのことで、業者とお客様の間で、トラブルが起きることも多くあります。

ですから、まず、お家の健康を維持するため、そしてそのことで、家族や住んでいる方の健康を保持するために知って頂きたいのです。

このような内容を当社のHPでは、お伝えしていきますので、ご理解を深めてください。