屋上防水、ベランダ防水でお悩みの方!

屋上防水、ベランダ防水でお悩みの方!

防水の主剤をしっかり塗りこんでいきます。

  防水工事はお家を守る大事な工事。

建物を雨水から守る大切な工事ですので、実績があることが重要です。

 

まずは、泥や汚れを洗い流すため、高圧洗浄を行い、下地調整をしていきます。
その後、防水材をしっかり塗布していきます。

 

雨水はお家を犯す、病原菌のようなもの!!  早めの予防が重要です!

 


img_caption_bousui2.jpg



防水工事を行いますと言って、本来の防水工事をやらない業者があります。
それは、トップコートだけで、綺麗に見せるだけの業者です。
(その説明があればよいのですが・・・)

お客様は、防水工事を行ったと安心していますが、
実は、トップコートだけでは、防水効果は発揮しません。

10年くらい経ちますと、防水自体が老朽化します。
トップコートは防水材を紫外線から保護するものでしかなく、防水効果はないのです。
ですから、防水材からしっかりやることが、防水工事ということになります。

その辺を知らないで、騙されている方も多くいるようですので、
しっかりした工程を見てください。

 

 

 

※画像は屋上防水のものですが、ベランダ防水も基本的には同じ行程です。「数量が少ないので、もしかしたら、工事してもらえないかしら?」と思われる方もいるかもしれませんが、大丈夫ですよ(^^お気軽にお問合せください。

屋上防水工事ビフォー&アフター

屋上防水工事の施工の流れ

まずは下地調整をしっかりしていきます。
クラック処理をしっかりすることで、凄く安心です。
密着性の高い下塗り剤をしっかり塗っていきます。これを塗らないと防水の主剤がしっかり防水効果をはたしません。
防水の主剤をしっかり塗りこんでいきます。均等に防水を着けていくのがなかなか難しいのですが、慣れた職人にかかれば綺麗に仕上げてくれます。
最後にトップコートを塗って、防水材を保護します。
完成です!

 

アパート・マンション・ビルの塗装、お任せください!!

 

 

防水工事

  

防水工事は変化が分からない工事なので、なかなかやれない方も多いと思います。

 

img_bousui_kabi1.jpgしかし、防水工事は外装の工事の中で1番やらなければいけない工事なのです。

 

 

雨水はどこからとなく侵入してきます。多少の水であれば建築家からしても、想定内でしょう。また、お家自体が完全に水が入らないものではないので、入った水や湿気を逃がすような構造にもなっています。

 

 

 しかし、それ以上に水が入ってしまうと、湿気がたまりお家自体を蝕む根源となるのです。

 

img_bousui_kabi2.jpg

写真のように断熱材に水が含むと、周りの柱を腐らせていきます。

 

さらには、菌の繁殖なども行われますので、環境的にも非常によくありません。右の写真の赤い○部分にはナメクジです。

 

壁をはがしてみるとこんなにショッキングなことがあります。

 

 

 

img_caption_bousui1.jpg

img_bousui_kasaki.jpg
先ほどもお話ししましたが、建物自体は湿気や水を逃がす部分があります。
屋上であれば、笠木下です。
パラペット(欄干にあたる部分)と笠木の間に隙間を空けてあり、左上の図のように通気しています。

 

こういったところに、シーリング材を詰めてしまう業者がいます。

ここにシーリングを詰めてしまうと、湿気が抜けなくなり内部で湿気が充満し柱などを腐らせる原因となります。

 

 

 

手すり笠木.jpg

安心して建物を守るなら!

 

「やりたいけどお金がな……」

 

 

悩んでいるなら絶対に行なってください!

 

悩みは人生を不幸にさせます。

 

解決できる問題は解決してください。今、行わなければ今後もっとお金がかかることになるかも知れません。

安心な防水塗装.jpgそして安心した気持ちで、毎日を過ごしてください。

 

こんなに変わる屋上防水の重要性

防水塗装で、こんなに変るのです。ひび割れだらけの屋上がスケートリンクのように艶やかに!

 

 

bousui_banner_off.jpg

▲まずは無料診断で屋上の様子診させてください

 

工場やビルの外壁塗装 無料小冊子ダウンロード お問い合わせはこちら