4回塗りこだわりの理由とは?

考える女性イラスト

良く聞かれるご質問に、「よそは3回塗りなのにマルキペイントさんはどうして4回塗りなの?」と聞かれることがよくあります。

外壁材は10年以上紫外線や雨、風などにさらされています。温度で言えば60度~0度以下(屋根の場合80度以上にもなります)にまでなり、人間であれば間違いなく死んでしまう環境の中にいるのです。

建材の傷み.jpg

ですから、10年経って塗替えをしても、建材自体が弱まっていることが多く、そのことで、ひび割れが起きてしまいます。

それをまずは改善しなければなりません。

その為にまずは建材自体の強化を致します。これが1回目の塗装になります。

建材自体の強化下塗り1回目

高浸透型の塗料を吸い込ますことで
弱っていた外壁が元の強さに戻っていく大切な工事になります。

次に行うのは、2回目の下塗りです。これは上塗の耐久を高めるために行います。

2回目の下塗り

防水幕を作り細かいヒビを埋めていく塗料です。この塗装を行わないで塗ってしまうと、細かいヒビから紫外線や雨水が浸透し上塗の耐久が発揮できなくなってしまいます。

お化粧で言えばファンデーションを塗る前の下地クリームみたいなものです。

30倍スコープ画像

外壁の中塗り

そして最後は、同じ材料で中塗り、上塗りを行います。

これは2回塗ることで耐久が大きく上がりますので必ず2回塗ります。

外壁の上塗り

4回塗るには大きな意味があります。

1工程、1工程しっかり行うことで、耐久の高い外壁材を作り上げていきます。

屋根の同様な考え方で、塗回数が4回~5回塗りになります。屋根塗装のお考えの方はこちらも見てください。

「塗り替えたいけど、何からはじめたらいいの?」そんな時はまずは無料診断へ

見積書と診断書をプレゼント

かんたん電話お問い合わせ

かんたんお問い合わせ

携帯アドレスを記入する場合は、PCからのメール受信をOKし、受信リストの設定でドメイン「info@malki-paint.com」を許可してください。

半角数字と半角の「-」のみ。記入例: 012-3456-7890

ご連絡の際はドメイン指定(malki-paint.com)を解除してからお願いします。

資料請求またはご質問後に一切売り込みの電話、訪問販売等は致しません。
またお客様から頂いた個人情報は、厳粛にお守り致しますことお約束いたします。

弊社のプライバシーポリシーはこちらから確認できます。


次はコチラ > 第5章「私たちは業界の常識と戦います」

お問い合わせはこちら