ビルの外壁の種類を変更する際におけるメリット・デメリットについて

さまざまな外壁材の中から最適な素材を見極めるのは難しく、既存の外壁の状態も考慮して新たな素材を決めることになります。
「資産価値」と「美観」を守ることはメリットです。機能性・デザイン・メンテナンス・コストなど、選ぶ基準は人それぞれですが、塗装業者に相談しながら最善となる施工を検討しましょう。

ビルの外壁の種類を変更する際は、将来的なメンテンスを重視して検討するとよいでしょう。外観のイメージを変えることで、ビルの印象は想像以上に変わります。
今までの外壁に対する不満な点を改善できる素材を採用し、外壁の種類を選ぶとよいでしょう。

 

ビルの外壁:不満解消

経年劣化により外壁の一部が剥がれ、浮いた状態は気になるものです。そのまま放置すると通行人や建築物に危害を与えてしまう可能性もあります。改修工事をする際には、耐久性も考慮して外壁に使用する素材を選びましょう。素材によりメリット・デメリットはありますが、建物の寿命を延ばし、美観を保つことで外壁の不満を解消できます。

 

ビルの外観:イメージチェンジ

外壁の種類を変更し、イメージチェンジをする場合、「塗装工事」「張り替え工事」「重ね張り工事」など、主に3つの工事が検討されます。

・塗装工事

既存の外壁の劣化部分を修復した上で、新しい塗料を上塗りします。一般的な選択肢であり、塗料によりそれぞれメリット・デメリットがあります。

・張り替え工事

既存の外壁材をすべて取り外し、新しい外壁材に張り替える工事です。古いビルの場合は、耐久性の問題も懸念されるため、張り替え工事が適しています。既存の外壁材の解体・撤去、新設となり、コストが高くなる点はデメリットといえるでしょう。

・重ね張り工事

既存の外壁は残したまま新しい外壁を上から重ねて張りつけます。撤去作業が発生しない分、コストは抑えられます。外壁の重量が増すためデメリットにもとれますが、遮熱性・遮音性の向上が期待できる点はメリットといえるでしょう。

※張り替え工事と重ね張り工事は、既存の外壁の材質や状態により、施工できない場合もあります。

 

ビルの外壁:レンガの外壁は寿命が長い!?

外壁用に設計された耐震金物で強化した積みレンガの外壁は、高耐久で断熱性も備えた究極の外装材です。カラーを変えてツートンにしたり、他の素材を組み合わせたり、個性も出せるでしょう。100年経っても劣化が少ないなど、メンテナンスを考えてもメリットの大きな素材といえます。

 

まとめ

外観の印象に大きな影響を与える外壁は見た目も重要ですが、将来的なメンテナンスや耐久性を考慮した上で検討するとよいでしょう。

▼マルキペイントのトップページはこちら▼

▼マルキペントのビルやマンションの施工事例はコチラ▼

▼大規模修繕のポイントはコチラ▼