埼玉県坂戸市 山﨑様邸 クラックの修理 外壁:パーフェクトトップ

無料小冊子ダウンロード

 坂戸市山﨑様邸       【外壁塗装・施工前】

26.7坂戸市Y様施工前.jpg

坂戸市で外壁塗装をご依頼の山﨑様とはお友達のN様を介して知り合いました。

N様は以前弊社で塗替えをして下さった方で、山﨑様と塗替えの話になった時弊社の事をお話し下さったのだとか…。

こうやって人との縁でお客様の輪が広がっていくのは、とてもとても嬉しいことです

弊社を信頼してご紹介くださったN様のお気持ちに応える為にも、精一杯工事させて頂きます

  26.7坂戸市Y様チョーキング.jpgご自分でも出来るもっとも簡単なチェック方法です。

壁に掌を擦り付けてみましょう。

←こちらの写真は壁を触った親方の指先。
真っ白になりましたね。

塗膜面の表層樹脂が劣化すると 、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって、このように白く付くのです。

 

 26.7坂戸市Y様壁染み.jpg          26.7坂戸市Y様壁染み2.jpg

壁の一部が変色しているのが分かりますか?

これは塗膜が防水効果を無くし、モルタルが雨水を吸っている状態です。

このような状態ですと水が壁全体から浸み渡りますので、壁自体(サイディングの場合だと、ボードがダメになる場合もある)の劣化や機能低下等の原因となります。

また内部にも湿気や水が入ってきますので、放置しておくと内部の柱を腐らせることもあります。

26.7坂戸市Y様鉄部.jpg          26.7坂戸市Y様塀クラック.jpg

 その他にも鉄部のサビや塀のクラック、軒天の天井はすっかりカビが侵食してしまっていたりと色々と傷んでいる所があります。

鉄部のサビは放っておいたら鉄そのものを侵食してしまいますし、クラックもこれだけぱっくり割れていたら内部への浸水が心配ですね。
 
お家以外の場所もしっかりと見て補修していきましょう!
 

【下地処理】 

26.7坂戸市Y様高圧洗浄.jpg水の出口はスクリューの状態で放出し、劣化した塗膜やほこり・苔やカビ・頑固な汚れを綺麗に落としていきます。

こうして塗装面を念入りに洗浄することによって、塗料本来の性能が引き出されるので、とても大切な工程です。

山﨑様邸は壁の汚れが目立っていたので、バイオ洗浄液で念入りに洗浄しました。

 

26.7坂戸市Y様養生.jpg          26.7坂戸市Y様養生2.jpg

ローラーや刷毛で塗りますので吹付と違ってそんなに飛ばないかと思われがちですが、塗装工事とはどうしても少なからず塗料が飛び散ってしまうものです。

大切なお家を塗料で汚してしまわない為に、養生をしっかりすることはとても大切な工程です。

 

page_banner_color_off.jpg

 

 【外壁塗装】

【外壁下塗り】

26.7坂戸市Y様外壁下塗り1.jpg           26.7坂戸市Y様外壁下塗り2.jpg

下塗一回の塗装業者が多い中で、弊社は下塗り2回がスタンダード。
もちろんただ回数を重ねているわけではありません。
下地の強化と密着性、さらにはクラックへの追従性など目的を持って施工しています。
下塗材にはまず、シーラーを塗ります。(写真左)
透明なので分かり辛いですが、これをしっかり塗り浸透させることで古い塗膜と下地をまずしっかりと固め、上塗り塗料の密着性を高めます。
次に下塗材パーフェクトフィラーを塗ります。(写真右)
これは上塗材との密着性・ひび割れ追従性に非常に優れています。
【外壁中塗り】

26.7坂戸市Y様外壁中塗り.jpg         26.7坂戸市Y様外壁中塗り2.jpg

中塗りとは、下塗りと上塗りの間に塗りつける層のことを指しています。

一般的に言って、中塗りの工程では上塗りと同じ塗料により塗装をおこないます。

主な目的は、塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせる、また、平滑な下地を作ることもその目的に含まれます。

このように、塗装の平滑性を向上させるため、下塗りで強化された外壁に塗料を塗る工程のことを中塗りと言います。

塗装の厚さを得るため、あるいはムラのない均一な色を出すために、この中塗りという過程は大変重要です。

【外壁上塗り】

26.7坂戸市Y様外壁上塗り.jpg          26.7坂戸市Y様外壁上塗り2.jpg

 K様邸の上塗り材は日本ペイントのパーフェクトトップです。

パーフェクトトップは、日本ペイントで開発した、塗膜を劣化させる「ラジカル」という物質を覆い塗膜に触れさせないようにする新技術「ラジカル制御技術」により、リーズナブルながら高耐久な素晴らしい塗料です。

防藻・防カビ性や低汚染性も有している為、塗装外観の保持に非常に適しています。

【付帯工事】

【鉄部塗装】
26.7坂戸市Y様鉄部ケレン1.jpg          26.7坂戸市Y様鉄部ケレン2.jpg
鉄部の塗装です。
山﨑様邸の鉄部はどこも錆が発生していたのでしっかりと錆をケレンします。
写真左は電動工具でケレンをしているてす。工具先端がグルグル回って錆を落とします。
写真右は「マジックロン」という研磨剤でケレンしています。
 26.7坂戸市Y様鉄部下塗り.jpg          26.7坂戸市Y様鉄部上塗り門.jpg
写真左は錆止材を塗っています。
錆止材は錆止めとしてだけでなく、上塗材との密着も高めてくれます。
上塗りには日本ペイントのファインウレタンを使っています。
この塗料はかぶりが抜群に良く肉持ちのよい塗膜が得られ、鉄部の塗装に適しています。
錆が浮いていて所々剥がれていた門扉もこの通り、つやつやのピカピカになりました
【クラック補修】
26.7坂戸市Y様塀クラック.jpg          26.7坂戸市Y様塀クラック補修.jpg
26.7坂戸市Y様クラック補修前.jpg          26.7坂戸市Y様クラック補修後.jpg
クラックの補修にカチオンフィラーを使用します。
セメント系の材料を使ったフィラーのことをセメントフィラーと言いますが、セメントフィラーは通常、性能を高めるために樹脂を混ぜています。
ここに、カチオン(陽イオン)帯電させた樹脂を混ぜたセメントフィラーはカチオンフィラーと言われ、セメントの硬化を強めたり、下地との密着性を高めたり、セメント組成を密にしたりと、改修工事で大活躍しています。
ざっくり簡単に言うと、セメントに接着剤の役目をするものを混ぜたもの…と思って頂ければいいと思います。
【付帯塗装】
26.7坂戸市Y様軒天上塗り.jpg          26.7坂戸市Y様木部上塗り2.jpg

26.7坂戸市Y様塀上塗り.jpg軒天や破風を塗装すると、ぐっとリニューアル感が出ますね。

特に破風の部分は劣化が目立ちやすい部分なので、ここを濃い色でしっかり塗装すると見た目もグッと引き締まり、キリっとします。

今回は塀をサービスで塗りました。

外壁が綺麗になったらやっぱり塀も気になりますもんね^^;

 

【外壁塗装・施工後】

 

26.7坂戸市Y様施工後.jpg

完成です

白壁が輝いていますね~。

樋の色を淡い色から濃い色に塗り替えたので、アクセントになっていて素敵ですね。

嬉しいお声を頂きました。お客様のお声はこちらから↓

 埼玉県坂戸市 山﨑様のお客様のお声