外壁塗装・屋根塗装の豆知識ブログ | マルキペイント

2019.03.02

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)のメリット・デメリット。シリコン塗料以上ってホント?

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は最近、多く取り上げられるようになりました。

ただ、一般消費者の方たちがラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の認識を間違っているようです。

「シリコン樹脂よりも耐久が高く最も良い塗料」のように思われている方も多くいるのではないでしょうか?

現に日本ペイントはシリコン樹脂塗料以上の塗料だと広告しています。
業者もそれに便乗して、同じことを言っている会社も多くあります。

まず、通常言われている、シリコン樹脂塗料やウレタン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料のように、塗料の耐久性を表す表現としては樹脂を指しています。しかし、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は樹脂ではないと言うことです。

では、どういったことを指してラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)と言っているのか?

今回は、まず、そういった仕組みやメーカーの宣伝戦略をお話ししたいと思います。

 

塗料の仕組み

塗料は大きく分けて、「顔料」という色の元と「樹脂」という耐久性を持たせるものがあります。それに加え添加剤のような樹脂の補助をするもので出来ています。

塗料の説明

では、ラジカルとはどのようなものなのか。

それは顔料の中に、酸化チタンというものが入っています。この酸化チタンは白の顔料として使用しているのですが、酸化チタンに紫外線が当たることにより、発生する物質を「ラジカル」と言います。

 

このラジカルが塗膜の劣化や破壊を促進させると言われております。ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)についてのブログ記事を動画になりました。仕組みからメリットデメリット、塗料の紹介までお話しています。

是非ご覧ください!

 

 

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)はチョーキング現象を止める!

先ほどもお話ししたようにラジカルは塗膜の劣化や破壊を促進させます。このラジカルが発生することで、外壁に起こる現象がチョーキングです。

チョーキングとは、数年経った、お家の壁を触ると、白い粉(白くない場合もあります)が付きます。このことをチョーキングと言います。このチョーキングは塗膜劣化のサインとして考えられています。

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)はこのチョーキングを起こしにくくする塗料として開発されたものになります。

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)とは?

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)のメインとしてはまず、酸化チタンに特殊コーティングして、ラジカルを発生させないというもの。

先ほどもお話ししたように、ラジカルは酸化チタンに紫外線が当たることで発生します。ですから、そこに直接当たらないようコーティングしているのです。

また、もう1つはHALS(ハルス)というものを塗料に入れています。HALSは光安定剤とも言いますが、これを塗料に入れることで、紫外線をキャッチします。

ラジカル塗料説明

基本的にラジカル制御型の原理としては、この2つの機能により、成り立っていると考えられます。

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は色によって能力が変わる!?

この原理から考えると、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は色で機能が変わることになります。

先ほども、お話しした通り、酸化チタンは白の顔料です。

ですから、白の顔料をあまり使用しない、または全く使用しない塗料などは、特殊コーティングのバリアがないのです。では、使用しない塗料とはどんな塗料でしょうか?

それは、原色と言われる、赤や黄色、青色などです。また、屋根塗料の黒なども酸化チタンは入っておりませんので、特殊コーティングでのラジカル制御型はないと考えられます。

その代わり、HALSを多く入れることで、制御能力を調整しているところはあると思います。

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の性質と樹脂の良質で塗料は選ぶ

結局のところ、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)とは、酸化チタンに特殊コーティングをしていることが、大きな役割と考えられます。そのことで、なるべく劣化を避けるという考え方なのでしょう。

しかし、私はラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)のことを調べ、1つ疑問に思ったことがありました。

それは・・・

「他の顔料(赤、青、黄色、黒など)は紫外線が当たることで、ラジカルは発生しないのか」と?

これを確認すべく、メーカーに問合わせてみると、他の顔料でもラジカルは発生するようです。ですから、HALSや紫外線吸収剤という添加剤などを入れ、ラジカルの発生を妨げているようです。

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は良い塗料ではありますが、万能塗料ではありません。ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の性質と良質な樹脂塗料の比較で有為性が決まるということです。

3大塗料メーカーのラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は以下の通りです。

日本ペイント、パーフェクトトップ

SK化研、プレミアムシリコン

関西ペイント、ダイナミックトップ

この辺りの塗料は、1液水性シリコンタイプレベルと考えられます。

ラジカル制御三大塗料

パーフェクトトップについて詳しい情報はこちら

 

ダイナミックトップについて詳しい情報はこちら

 

同等の1液水性シリコン塗料よりも当然ですが、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の方が、高耐久と言えると思います。しかし、弱溶剤2液型シリコンタイプですと、上記のラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の方が劣ると考えます。基本的には樹脂の性質と量が耐久性に直結すると考えるべきでしょう。当然、良質な樹脂にラジカル制御があるものが一番良いと言えると思います。

塗料メーカーの思惑

では、なぜメーカーはラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)をシリコン樹脂塗料以上と宣伝したのでしょうか?

これには、メーカー同士のマーケティング戦略があると考えられます。

最近では、一般的にシリコン塗料が主流となっています。メーカーからすれば、1番の売れ筋商品です。

また、塗料メーカーの悩みの問題としては、チョーキング劣化してしまうことでした。メーカーが謳っている耐久年数よりも早くチョーキングしてしまうことが、大きな問題となっていたようです。

そこで、日本ペイントは水性シリコンの市場を全て自社に向かわせるために、主流であるシリコン樹脂塗料より上という宣伝をしたと考えられます。

また、その後のクレームであるチョーキングが起きにくくなったため、劣化がはっきりと分からないラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)を、シリコン樹脂塗料以上を謳ったと考えられます。

さすが、大手塗料メーカーの戦略です。クレーム部分も改善し、さらには市場を取るための戦略だったのです。

このように、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)がチョーキング現象を大きく解消しましたが、必ずしも、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の方がシリコン樹脂塗料より優れているということでは、無いのです!

私が個人的に塗料メーカーを選ぶ場合

私が好きな塗料メーカーですが、3大塗料メーカーの中で言えば、関西ペイントですね!やはり、関西ペイントの材料はすごく良いです。

どの塗料メーカーでも、不具合を起こすことはありまます。車で言えばリコールがよくあるように。

関西ペイントの場合、不具合の問題も、塗料が良質だから起こってしまったと言うケースがありました。そういったケースなども考えますと、関西ペイントの姿勢がよくわかります。

また、別の塗料メーカーで言えば、ロックペイントです。ロックペイントは技術者集団のような会社です。技術に重きを置いているので、セールスがヘタクソすぎなのです(笑)

例えば、今回取り上げた、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)がこんなにはやっている中、パーフェクトトップやダイナミックトップと同等の材料で、ハイパービルロックセラという材料があります。

 

ロックペイント

これもラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)で酸化チタンに特殊コーティングやHALSも入れている塗料にも関わらず、全くラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)と謳っていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、主力商品である、弱溶剤2液型シリコン樹脂塗料のハイパーユメロックや弱溶剤2液型フッ素樹脂塗料のサンフロンUV、1液水性型フッ素樹脂塗料のサンフロンアクア全てが、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)なのです。弱溶剤2液型シリコン樹脂塗料のラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)もなかなかありませんが、フッ素樹脂塗料でのラジカル制御型は、おそらく現段階では、ロックペイントしか出していないと考えられます。大きな宣伝はしませんが、材料の品質をしっかり上げているところは、さすが技術に重きを置いている会社だと感心致します。ロックペイント2
ハイパーユメロックについて詳しい情報はこちら

サンフロンUVについて詳しい情報はこちら

まとめ

「ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)は本当に良いのか?」と言うことですが、良い塗料だと思います。

しかし、良い塗料が独り歩きし、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)であれば、どの塗料よりも良いということではありません。

そのために、ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)というものの理解を深めていただき、適切な塗料選びをして頂ければ良いと感じています。

 

(執筆:株式会社マルキペイント代表取締役社長 及川正基)

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)の施工事例

ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)を使用した、弊社マルキペイントの施工事例をご覧ください。施工していく過程など細かく紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

▼マルキペイントホームページはこちらから

 

▼お問い合わせはこちらから