川口市の大規模修繕は多くのお客様に選ばれているマルキペイントへ!施工事例も多数紹介 | 埼玉の外壁塗装ならマルキペイント

川口市の大規模修繕は多くのお客様に選ばれているマルキペイントへ!施工事例も多数紹介

image15

「川口市で大規模修繕を依頼する業者を探している」
「川口市で施工された大規模修繕の事例を見てみたい」

川口市で大規模修繕を予定している物件をお持ちの方は、このようにお考えになることもあるでしょう。
大規模修繕では、まずは多数ある施工業者からどのように業者選びをしたらいいのか、悩まれるはずです。
そこで、この記事では川口市の大規模修繕で多くのお客様に選ばれている塗装業者のマルキペイントを紹介します。

川口市の大規模修繕でマルキペイントが選ばれる理由や、施工事例などを一挙開示します。
大規模修繕の業者選びにお悩みの方は、ぜひこの記事をチェックして参考にしてみてください。

川口市の大規模修繕で多くのお客様からマルキペイントが選ばれている理由

image38

川口市の大規模修繕で多くのお客様からマルキペイントが選ばれている理由を以下で紹介します。
マルキペイントが選ばれる理由は、主に以下の10個です。

・4回以上塗りをしているから
・塗装実績が豊富だから
・優良な職人を確保しているから
・独自特許の工法で塗装しているから
・新聞に掲載されたことがあるから
・PQSを導入しているから
・創業49年以上の塗装業者だから
・プロによる住宅診断が無料だから
・最大10年の安心保証があるから
・原価を公開しているから

それぞれの理由の内容を、詳しく解説していきましょう。

 

外壁塗装では建材の強化や保護を目的として4回以上塗りを行っているから

塗装
マルキペイントでは外壁塗装を4回以上塗りで仕上げているため、建材が強化されて耐久性が高められるため安心です。
一般的な外壁塗装は3回塗りであるため、4回以上塗りは手間がかかります。
しかし、マルキペイントでは外壁塗装を施工した後もお客様が安心して過ごせるように、高品質な工事を行っています。

マルキペイントの外壁塗装について詳しくお知りになりたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

塗装実績が4,500棟以上で安定した技術力をもっているから

塗料3
塗装実績が4,500棟以上もある業者なので、技術力に長けており、的確な工事のノウハウももっています。
さまざまな屋根や外壁への塗装実績があるため、どのようなシチュエーションでも最適な工事を提案、施工できます。

 

独自の方法で優良な職人の確保に力を入れているから

image21

マルキペイントでは、資格保有者だからいいという考えではなく、人間性も踏まえて優秀な職人の確保と人材育成に力を入れています。
そのため、常に工事の質が高いです。

マルキペイントがどのように優秀な職人を確保しているか、以下のサイトにて詳しく紹介しているのでぜひご覧になってみてください。
「安定した高品質をお届けするためのPQS」

 

10年間も美観を維持できる独自特許の工法で塗装しているから

塗装(外壁)3
マルキペイントは独自特許である「カラープロテクト工法」で塗装しているため、10年間も美観を維持できます。
「カラープロテクト工法」とは、一般的な塗膜の上に保護膜を形成する塗装方法です。
保護膜には樹脂が含まれているため、耐久性の高い塗装面となります。

塗装面が保護されて耐久性が高いため、長い間美観を維持できるのです。
「カラープロテクト工法」の詳しい内容は以下のサイトからチェックしてみてください。
「10年後でも変わらぬ品質カラープロテクト工法」

 

新聞への掲載経歴もあるほど注目を集めているから

メディア
マルキペイントはこれまでに新聞社からインタビューを受けて新聞に掲載されるなど、メディアから注目を集めるほど実績豊富です。
2020年3月には埼玉新聞さまからマルキペイントで開催した保護犬と猫の譲渡会にて取材を受けて、新聞にも掲載いただきました。
また、2021年3月に発生した東日本大震災に対して弊社が行ったチャリティー企画も新聞に掲載いただいたことがあります。

マルキペイントは塗装業者として工事に携わるだけでなく、地域活動にも力を入れています。

 

高品質な工事を行うためにPOSを導入して実践しているから

スケジュール
マルキペイントでは高品質な工事を行うために、PQS(ペイントワーククオリティシステム)を導入して実践しています。
PQSとは、工事に関する項目に対してマニュアルを作成して、高品質な工事を安定して提供できるようにしたシステムです。

マニュアルを定めておくことで、どの現場でも品質が変わらない工事を行えるようになります。
PQSについて詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトから確認してみてください。
「塗装工事の良し悪しはこのように決まる」

 

創業49年以上の歴史をもつ塗装業者で安心感があるから

足場
マルキペイントは創業49年以上の長い歴史と豊富な実績をもつ塗装業者なので、工事を依頼することに対して安心感があります。
屋根や外壁の塗装から大規模修繕にいたるまで、品質の高い工事を安定して提供してきたため多くのお客様に選ばれてきました。

マルキペイントは豊富な実績によって職人の技術力も高めており、工事のノウハウを活かした施工が可能です。

 

プロの診断士が最新機器を使って行う住宅診断を無料で提供しているから

image3

経験豊富なプロの診断士が最新機器を使って行う住宅診断を無料で提供しているので、少しの不安でも安心して相談していただけます。
建物にちょっとした破損や気になる点があっても、業者に相談していいのかと悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、マルキペイントではお客様の不安を解消するため、経験豊富なプロの診断士が丁寧に住宅診断を行い結果をお伝えしています。
どのような疑問点もお気軽にご相談ください。

 

一般的には対象外の箇所も最大で10年もの安心保証を用意しているから

費用2
他社では一般的に保証されないチョーキング現象に対しても、マルキペイントでは最大で10年もの安心保証が用意されています。
他社にはない保証が受けられるため、アフターサービスが手厚い業者であるといえます。

 

原価を公開して工事価格の適正さを提示しているから

image20

マルキペイントでは工事価格が適正であることを説明するために原価を公開しており、見積もりの際に詐欺に遭う不安を解消できます。
工事価格が適正かどうかは、一般の方にはなかなか判断しにくいです。

そのため、マルキペイントでは見積もりの際に原価を公開して、工事価格の内訳を丁寧に説明しています。
工事価格の不安が解消されれば、安心して工事の計画や依頼について検討できるでしょう。

 

川口市で行ったマンションの大規模修繕の施工事例

マンション 大規模修繕 内容13

川口市のマンションの大規模修繕の施工事例を、以下で紹介していきます。
マンションのオーナー様は雨漏りにお悩みでしたので、散水検査を行い原因を探りました。
結果、雨漏りは屋上の笠木の内側から発生していることがわかり、補修いたしました。

また、前回の大規模修繕の際に他社で施工された外壁のタイル塗装にご不満があったとのことです。
そこで、今回は依頼主様のご希望に沿ってタイルの2色塗り分けを行いました。
こちらのマンションの大規模修繕では、屋上防水と外壁塗装で工事価格がおよそ690万円でした。

以下にて、さらに細かな工事の内容を解説していきます。

 

マルキペイントの標準施工である4回塗りで外壁塗装

image23

image28

チョーキングが発生していた外壁の塗装工事です。
高圧洗浄と下地調整を行った後は、マルキペイントの標準施工である4回塗りを行います。
マルキペイントでは、外壁塗装の際に以下のような流れで塗装を行っています。

・下塗り2回
・中塗り1回
・上塗り1回

4回塗りを行うことで、下地の強化ができて耐久性の高い塗装面に仕上がります。
また、以下の動画にてマルキペイントが外壁塗装で4回塗りを行う理由を紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。


 

依頼主様にも大満足いただいたタイルの2色塗り分け塗装

image16

image4

依頼主様が前回の大規模修繕の際に不満を抱かれた、外壁タイルの塗装工事です。
今回は、ご希望に沿って2色塗り分けで塗装していきます。

まずは、目地の色となるグレーを外壁タイル全体に塗装していきます。
その後、タイルの色となるブラウン系塗料をローラーを使って塗装すると、きれいに2色塗り分けできました。

タイルの外壁の2色塗り分けについて詳しくお知りになりたい方は、マルキペイントまでお気軽にお問い合わせください。

 

ケレン作業を丁寧に行う鉄部塗装

image27

マンションに多数存在する鉄部の塗装工事です。
鉄部を塗装する際は、まずケレン作業を行わなければいけません。

ケレン作業とは、鉄部に発生しているサビを落とす工程です。
ケレン作業を行うことで、鉄部の下地と塗料が密着しやすくなります。

以下の動画内にて、マルキペイントが施工するケレン作業の紹介をいたします。
ケレン作業とはどのような工事かチェックされたい方は、ぜひご覧になってみてください。


 

雨漏りを防ぐ屋上の防水工事

image5

image12

image29

雨漏りの補修も同時に行った、防水工事です。
マンションで発生していた雨漏りは、屋上の笠木の内部の破損が原因でした。
笠木とは、屋上の立ち上がり部分のことです。

雨漏りの補修のため、まずは笠木を外して内部を補修します。
雨漏り補修が済んだら、屋上の防水工事です。

下地を調整して、下塗り材のプライマーを塗布していきます。
プライマーが乾燥したら、上から防水主剤を塗り、最後にトップコートで表面を保護すれば工事は完了です。

 

廊下からの雨漏りを防ぐベランダ防水工事

image30

マンションの廊下は雨が入り込みやすく、雨漏りの原因になるため防水工事を行いました。
下地調整を行い、下塗り材と防水主剤を全体に塗装します。
最後に、トップコートで塗装すると美しい防水層に仕上がります。

 

川口市の近隣でマルキペイントが行った大規模修繕の施工事例3つ

次に、川口市の近隣でマルキペイントが行った大規模修繕の施工事例を3つ紹介していきます。
紹介する施工事例は、以下の3つのタイプの建物の大規模修繕です。

・3階建ての賃貸物件
・築20年の中層ビル
・築42年の高層マンション

それぞれの建物の大規模修繕で施工した工事内容を、詳しく紹介していきます。
所有されている物件と似た工事内容はないか、ぜひチェックしてみてください。

 

3階建ての賃貸物件に行った大規模修繕の施工事例

image39

image14

3階建ての賃貸物件に行った大規模修繕の施工事例を紹介します。
施工した工事内容は、主に以下の4つです。

・高圧洗浄
・屋根塗装
・外壁塗装
・鉄部塗装

また、外壁と屋根の塗装にかかった費用はおよそ210万円でした。
以下にて、それぞれの工事内容を詳しく紹介していきます。

 

汚れやコケを落とすための高圧洗浄

image35

image36

屋根や外壁に付着している汚れを高圧洗浄で洗い落としました。
高圧洗浄をした後は、塗装工事のためにそれぞれ下地調整を行います。

 

傷んだ屋根を丁寧に塗装

image1

image7

高圧洗浄と下地調整が済んだ屋根の塗装工事です。
塗装の際には、鉄部のケレン作業やサビ止めも行います。
その後、下塗り2回と中塗り、上塗りの計4回塗装を行っていきます。

屋根も4回塗りすることで、建材を強化して耐久性が高くなるのです。

 

下地を強化して行う外壁塗装

image13

image11

下地の強化をするための4回塗りで行う外壁塗装です。
下塗り1回目では浸透性に優れた下塗り材を塗布して、下地を強化させます。
2回目の下塗りでは、上塗りで使用する塗料と相性のいいタイプを選びます。
上塗りで使用する塗料と相性がいいと、密着性が高まり耐久性のある塗膜に仕上がるのです。

下塗り後、中塗りと上塗りを行い乾燥させたら外壁塗装は完了です。

 

サビ止めを施す鉄部塗装

image17

image22

鉄部の塗装工事です。
サビの発生を防ぐため、まずはサビ止めを塗布していきます。
乾燥させたら、上塗りでドアの色となるカラーの塗料を塗装すれば完了です。

 

築20年の中層ビルに行った大規模修繕の施工事例

image34

築20年で5階建ての中層ビルの大規模修繕を行いました。
主に、外壁や屋上の塗装を行いました。

外壁は下地の劣化が激しかったため、4回塗りを行い耐久性の高い塗装面に仕上げています。
外壁と屋上の塗装にかかった工事価格はおよそ500万円でした。

 

築42年になる高層マンションの大規模修繕の施工事例

image18

最後に、築42年の11階建てマンションの大規模修繕の施工事例を紹介します。
工事内容は、「足場の設置」から「屋上防水工事」など多数あります。

また、外壁塗装にかかった費用はおよそ3,500万円でした。
以下にて、こちらのマンションに施工した工事内容をそれぞれ詳しく解説していきます。

 

工事を安全に行うための足場の設置

マンションの大規模修繕では外壁工事が行われるため、足場の設置は必要となります。
足場を設置することで作業効率が向上するだけでなく、工事を行う職人の安全も守れます。

 

塗装面の汚れを落とすための高圧洗浄

image24

マンションの汚れを落とすための高圧洗浄を行います。
マンション高層階での高圧洗浄は水圧低下が懸念されますが、屋上に水を用意することで、変わらぬ圧力で掃除が行えます。

 

防水効果を向上させるためのシーリング工事

image32

雨の浸入を防ぐためのシーリング工事を行いました。
外壁目地やサッシ周りに施工されているシーリングは、経年とともに劣化していくため定期的に補修が必要です。
劣化箇所に新しくシーリング剤を充填して補修しました。

 

雨漏り対策のひとつであるクラック補修

image9

外壁にできたクラックの補修工事です。
クラックは亀裂や割れのことで、雨水が建物内部に入り込む可能性が高いため早めの補修が必要です。
クラック補修では、充填剤のシーリング材を施工して隙間を埋めました。

 

建物の劣化と倒壊を防ぐ爆裂補修

image8

image26

クラックが進行すると、外壁が爆裂してしまうため補修が必要です。
爆裂はコンクリートの落下事故が発生する可能性があるため、早めに補修しなければいけません。

爆裂の補修は、まずは破損箇所のコンクリートを削り落とします。
次に、欠損部分を埋めるために左官補修を行います。
最後に、周囲の外壁と色や質感を合わせるための塗装を行えば完了です。

 

4回塗りで下地を強化する外壁塗装

image10

image19

下地調整を行った外壁の塗装を施工していきます。
マルキペイントの外壁塗装の標準施工は4回塗りです。

下塗りを2回行うことで、外壁の下地の強化ができます。
下地がしっかりと保護されることで、耐久性の高い塗装面に仕上げられるのです。

 

欠損したタイルの補修

image33

image37

不具合が発生していたタイル補修の施工内容を紹介します。
外壁タイルは、経年劣化によって浮きや剥がれなどの不具合が発生しやすくなります。

浮きが発生している場合、穴をあけてエポキシ樹脂を注入します。
エポキシ樹脂とは、付着力の高い充填剤です。
エポキシ樹脂を注入すると、タイルと外壁の密着性が高まり、剥がれにくくなります。

タイルが剥がれた箇所は、新しい部材に張り替えます。
以下の動画では、タイル補修工事の際に行われるエポキシ注入の施工を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。


 

雨漏りのリスクを下げる屋上の防水工事

image6

屋上の防水機能を復活させるための工事です。
雨漏りを防ぐため、丁寧な下地処理と塗装を行う必要があります。

下地処理が終わったら、下地と塗料をより密着させるための下塗りを行います。
下塗りが乾燥したら、中塗りで防水主剤を、上塗りでトップコートを塗布すれば防水工事は完了です。

 

川口市の大規模修繕は高品質な工事を行うマルキペイントにお任せください

image31

マルキペイントでは、外壁や屋根の塗装から大規模修繕工事まで、高品質な施工を安定して行っています。
お客様に満足いただき、安心して暮らしていけるための工事を常に施工しています。
マルキペイントについてより詳しくお知りになりたい方は、以下の会社概要をご覧になってみてください。
「株式会社マルキペイント・会社概要」

また、川口市で大規模修繕の施工業者をお探しだったり、工事について不安や質問があったりする方は、お気軽にマルキペイントにお問い合わせください。
経験豊富な診断士による住宅診断も無料で行っているので、ご予約やご質問などもお待ちしております。
「お問い合わせ:電話またはメール、FAXで!」