埼玉県川越市H様邸 下塗りに自信あり! 屋根塗装:ハイパーユメロック 外壁塗装:パーフェクトトップ 

無料小冊子ダウンロード

川越市H様邸       【施工前】

H様施工前.jpg

 H様邸は壁自体はそれほど傷みは無かったのですが、サイディング目地がずいぶん痛んでいました。

通常新築のお家には、この目地部分には塗装がされていません。つまり、むき出しの状態です。

多くの場合が、まずサイディングをつないでいるボードとボードの継ぎ目から劣化していきます。

早川様邸目地剥がれ2.jpgこちらなどは目地が完全に剥がれて、下の青い所(ボンドブレーカー)が見えてしまっています。

また、目地が劣化して固くなり、亀裂が入ってしまっている箇所も…このまま放っておくと、躯体内部に浸水し漏水の原因となってしまいます。


早川様邸屋根コケ.jpg

 屋根は塗膜が劣化して、一面にコケが生えていました。

今は塗膜が効いていない状態なので、雨なども吸い込みやすくなっています。

またカビは放っておくと劣化した塗膜を餌にどんどん繁殖するので、こちらも早めに処置しておくに越したことはありません。

 

 【下地処理】

H様邸目地剥がし.jpg     H様邸シーリング撤去.jpg

古くなったシーリングを一本一本剥がしてすべて撤去し、打ち替えをしていきます。

この時カッターで、残ったシーリング材を綺麗に撤去します。

これをしないと打ち替えた時の接着力に大きく影響します。

 

H様邸シーリング養生.jpg     早川様邸シーリングプライマー.jpg

目地の両サイドにテープで養生をし、目地の中にプライマーを塗布していきます。

この時プライマーがきちんと塗れていないと、シーリング材とサイディングボードの接着が甘くなり、ボードからシーリング材が剥がれてしまう原因になりますので、しっかりと塗布していきます。

早川様邸目地コーキング1.jpg     H様邸目地コーキング1-1.jpg

ノンブリードタイプの変成シリコンコーキング材を注入していきます。

しっかりとへらで押し込んでテープを剥がしたら完成♪

 

【屋根塗装】

H様邸タスペーサー.jpg

 壁、屋根とも高圧洗浄で汚れやコケなどを落とした後、屋根にタスペーサーを挿入していきます。

塗料によって雨の逃げ道を塞いでしまう事による毛細管現象を防ぐために行う縁切りと同じですが、縁切りと違い行ったことが一目で分かる為、お客様にも安心です。

 

H様邸屋根錆止め.jpg

 

雪止めや屋根鉄部に錆止め塗装をします。

錆止めを塗る前にケレンすることで、劣化した塗膜や錆を落としたり、塗料の乗りを良くします。

 

 

H様邸屋根下塗り1プライマー.jpg     早川様邸屋根下塗り2ユメロックシーラー.jpg 
マルキポイント熊.jpg
 

 マルキペイントでは

屋根の下塗りは3回塗るのが標準!!

  

 屋根下塗りは1回が多い業者の中で、なぜマルキペイントは「標準下塗り3回塗り」なのか。

それは、下塗りの工程をとても大事に想っているから。

いくら上塗り材に良い塗料を使っていても、脆弱な下地がに塗ったのではその塗料本来の性能を発揮することは出来ません。

下地を強化する事こそ塗装において非常に重要と考えるからです。

 

まずは下地を強化するためにプライマーをたっぷりと塗ります。

洗顔後に化粧水をたっぷりと使う事でお肌がしっとり生き生きするように、高圧洗浄後のすっぴんの下地にたっぷりと浸透させることによって強い下地を作ります。

次にユメロックシーラーを塗ります。
ユメロックシーラーは素地への浸透性が良く、脆弱面に対する補強効果、吸込み止め、付着性に優れた2液型エポキシシーラーです。
 
 
H様邸屋根下塗り3サフ.jpg     H様邸屋根下塗りサフ2.jpg
下塗りの3回目はサーフェイサーです。
ロックペイントの屋根用サーフェイサーは、フィラー効果があり厚塗りが可能なため、素地表面が平滑になり、また吸い込みが少なくなるため美しい仕上がりが得られます。
また、上塗材との密着性を高めてくれます。
 
 
H様邸屋根中塗り.jpg     H様邸屋根中塗り2.jpg
いよいよ中塗りです。
中塗りは基本的に上塗り材と同じ塗料で塗ります。
中塗りは、サーフェイサーを塗って平滑にした面をさらに平坦にし、上塗材と同じ塗料を使う事で塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせます。
塗装の厚さを得るため、あるいはムラのない均一な色を出すためには、この中塗りという過程は大変重要です。
 
 
H様邸屋根上塗材.jpg     H様邸屋根上塗り.jpg
H様邸の屋根上塗り材はロックペイントのハイパーユメロックです。
ハイパーユメロックは塗膜表面を親水化させ、雨水で汚れを洗い落とし汚れにくくしてくれます。
また紫外線や酸性雨にも強いため、屋根材として非常に良い塗料です。
塗った時の艶がとてもよく、高級感があります。
選ばれたお色は落ち着きのある美しいグリーンで、H様邸のお家の雰囲気にとてもマッチしていて素敵ですね。
 
  
page_banner_color_off.jpg
 

【外壁塗装】

マルキポイント熊2右.jpg

  

 

外壁も屋根と同様下塗りが大切。

外壁は下塗り2回がスタンダード!!

  

H様邸外壁下塗り1ワイドシーラー.jpg

外壁下塗1回の塗装業者が多い中で、弊社は下塗り2回がスタンダード。下地の強化と密着性、という目的をしっかり持って施工しています。

下塗材にはまず、ワイドシーラーを塗ります。

透明なので分かり辛いですが、これをしっかり塗り浸透させることで古い塗膜と下地をまずしっかりと固め、上塗り塗料の密着性を高めます。

 

 H様邸外壁下塗り2パーフェクトサーフ.jpg次に下塗り2回目としてパーフェクトサーフを使っています。

パーフェクトサーフは日本ペイントから出ている下塗材で、 下地の隠ぺい性に非常に優れ、また、クラックへの追従性も備えています。

きめが細かいので上塗りの吸い込みが少なく、上塗材の仕上がりが美しくなります。

 

 
 H様邸外壁上塗材.jpg     H様邸外壁中塗り.jpg
中塗り・上塗りは日本ペイントのパーフェクトトップです。
パーフェクトトップは、日本ペイントで開発した、塗膜を劣化させる「ラジカル」という物質を覆い塗膜に触れさせないようにする新技術「ラジカル制御技術」により、リーズナブルながら高耐久な素晴らしい塗料です。
これでまず中塗りを行い、インターバルをしっかりととっていよいよ仕上げの上塗り工程となります。

 

H様邸外壁上塗り.jpg     H様邸外壁上塗り2.jpg

上塗りです。

打ち替えをしたコーキングの上にもしっかりと塗っていき、塗膜でコーキング表面を保護します。

防藻・防カビ性や低汚染性も有している為、塗装外観の保持に非常に適しています。

 

【施工後】

H様施工後.jpg

完成です。

施工前のイメージを崩さず、それでいて爽やかで清潔な装いになりました。