セラミック塗装を実施するメリット・デメリットは?注意点も紹介 | 埼玉の外壁塗装ならマルキペイント

セラミック塗装を実施するメリット・デメリットは?注意点も紹介

セラミック塗装は、デザイン性・断熱性・防汚性などといった、さまざまなメリットがある塗装法です。そういった多くのメリットを持つセラミック塗装は、多くの会社やユーザーから注目を集めています。

ただし、セラミック塗装はたしかに多くのメリットを持つ塗装法ではありますが、万能の塗装法ではありません。セラミック塗装はメリットばかりが目立ちがちですが、当然ながらデメリットも存在します。

そこで今回は、セラミック塗料の種類やセラミック塗装メリット・デメリット、セラミック塗装に関する注意点を解説します。

1.そもそもセラミック塗料とは?

セラミック塗料とは、セラミックを配合した塗料のことを指します。
またセラミックとは、ガラスやコンクリート、セメントなどの無機個体材料(陶磁器)全般の総称です。

セラミック塗料については、決まった定義がありません。一般的には原料にセラミックが使用されていればセラミック塗料ということになるため、セラミックの種類や配合の割合などによって性質や品質は異なります。

また、決まった割合がないことと同様に、セラミック塗料には、「100%セラミック」といった塗料は存在しません。中には、原材料のほんの一部にセラミックを使用しているだけで「セラミック塗料」として販売されている塗料もあるほどです。

業者の中には、「セラミック塗料だから安心」「セラミック塗料だから長持ちする」などと言ってくる業者もいますが、セラミック塗料は万能塗料ではありません。あくまで原料の一つであることを覚えておきましょう。

2.セラミック塗料の種類

前述の通り、セラミック塗料にはさまざまな種類があり、種類によって特徴や効果が異なります。
外壁塗装の際に、目的に合ったセラミック塗料を選ぶためには、まずセラミック塗料の種類について理解を深める必要があります。

ここでは、代表的なセラミック塗料を3種類紹介します。

2-1.石材調の見た目になるもの

天然の石をまぶしたような見た目の仕上がりになるのが石材調の塗料です。中には天然の石を配合した塗料も存在します。
外壁に本物の石をまぶしてしまうと、非常に重くなってしまい外壁に負荷がかかりますが、石材調のセラミック塗料であれば、外壁に重さによる負荷をかけずに済みます。

外壁に石材やセラミックが用いられている理由は、デザイン性のためです。耐久性などの性能面には特に影響しません。石材調仕上げの塗料の耐久性は、塗料のグレードによって決まるため、塗料の性質や特徴をしっかりと確認しましょう。

2-2.断熱・遮熱効果を持つもの

セラミック塗料の中には、断熱・遮熱効果を持つものもあります。
セラミック自体に高い断熱効果・遮熱効果があるため、その効果を生かした塗料であると言えます。ただし、断熱効果の高い塗料を使っても、下地の処理が甘かったり下地に使用する塗料の断熱効果が低かったりすると効果が発揮できません。

断熱・遮熱効果を持つセラミック塗料の使用を検討する際には、技術力が高く高品質な作業をしてくれる業者選びが必要となります。

2-3.低汚染性を発揮するもの

セラミック塗料の中には、低汚染性を発揮するものがあります。低汚染性を発揮するセラミック塗料には、原料としてシリカ(二酸化ケイ素)が含まれています。

仕組みとしては、シリカが塗膜の表面を覆い、塗膜表面の親水性が高くなることによって汚れが流れやすくなります。「親水性が高い状態」とは、塗膜と汚れの間に水が通りやすい状態のことを指します。
耐久年数は、配合されている原料の割合や性質などにより異なります。

3.セラミック塗装のメリット・デメリット

セラミック塗装には、ここまでに紹介したメリットだけでなく、当然ながらデメリットも存在します。メリット・デメリットは、塗装材を選ぶ際の大きな判断基準となるため、しっかりと確認しておきましょう。

〇メリット

汚れが付きにくい
前述したように、一部のセラミックには親水性があり、汚れを雨と一緒に洗い流す効果があります。
耐候性や耐薬品性、耐紫外線性にも強いため、汚れが付きにくいことに加えて変色や劣化に対しても強いという特徴があります。
熱を伝えにくい
同じく前述したようにセラミック塗料は、断熱性に優れています。
断熱性に優れる理由には、セラミックの性質が関係します。塗料に含まれているセラミックの作る空洞が、熱せられることにより真空状態となります。
真空は熱を通さないため、夏は外の暑い空気が家の中に伝わりにくく、冬は家の中の暖かい空気を逃さない、といった働きがあります。
デザイン性が高い
セラミック塗料はデザイン性の高さにも定評があり、天然石、砂岩など好みによって色味や雰囲気を選ぶことができます。
カラーも単調なものだけでなく、奥行きや立体感を出すカラーセラミックスというシリーズの塗料もあります。

〇デメリット

ひび割れしやすい
セラミックは塗膜が固いため、他の素材と比較してひび割れしやすいというデメリットがあります。
ただし、ひび割れしやすいという点は、外観の損傷が発見しやすいという点ではメリットとなる場合もあります。
例えば、地震直後にひび割れを発見した場合に、火災保険の適用が認められるケースがあります。
濃い色が出せない
セラミックの基本は白色なので、淡い色のみになってしまいます。人によっては、カラーバリエーションの少なさという点が大きなデメリットに感じられる場合もあるでしょう。
塗りづらい
前述したように、セラミック塗料の効果やメリットを十分に発揮するためには、施工会社や職人の高い技術力が必要です。セラミック塗料は、通常の塗料とは塗り方や注意点が異なり、扱いなれない状態ではムラが生じやすい塗料です。
従って、施工業者を依頼する際に確かな技術を持った業者に依頼するように意識することが大切です。

4.セラミック塗装の注意点

ここまで紹介したように、セラミック塗装には塗料ならではの効果やメリットが確かに存在しますが、品質や特徴について勘違いされることも多々あります。
最後にセラミック塗装について知るうえで、注意しておきたいポイントを2点紹介します。

●セラミック塗装は塗料のグレードとは関係がない

塗装のグレードには主に、アクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素の5種類があります。セラミック塗料は、これら5種類のグレードには関係なく、それぞれのグレードにセラミック成分が配合されているというだけです。

●セラミック塗装の耐久性は5種類のグレードによって左右される

セラミックの防汚性や耐熱性などによって、耐久性に若干プラスの影響が生じる可能性はありますが、大きく変化する可能性はありません。耐久性が決まる重要な点は、シリコンやフッ素などの樹脂のグレードです。

業者の中には、セラミック塗料であるため高品質であると過剰にアピールする悪徳業者や押し売り訪問販売業者も存在します。セラミック塗装のメリットや注意点を把握することで、業者が的確な説明をしてくれているか見極めることができるため、覚えておきましょう。

まとめ

セラミック塗料とは、無機個体材料が配合されている塗料のことを指します。
セラミック塗料には防汚性・断熱性・デザイン性が優れているというメリットがありますが、当然ながらデメリットも存在します。

セラミック塗装工事には高い技術力が求められるため、セラミックについて正しい知識を持ち、技術力のある業者に依頼する必要があります。
業者の中には、セラミック塗料を過剰にアピールする業者も存在しますが、どのような場合でも使用できる万能塗料ではないことを覚えておきましょう。
セラミック塗装を検討されている人は、ぜひ参考にしてください。

▼マルキペイントのトップページはコチラ▼