埼玉県川越市 外壁塗装:パーフェクトトップ、屋根塗装:ハイパーユメロック M様邸

無料小冊子ダウンロード

川越市のM様邸の外壁塗装、屋根塗装です。
M様はホームページからお問い合わせ頂いたお客様です。外壁と屋根の塗装をお考えという事で無料診断させて頂きました。川越市からのお申し込みも多く嬉しい限りです。

  埼玉県川越市 M様邸 【塗装工事 施工前】             
 
H27.1月川越市M様施工前1.jpg
川越市M様邸、施工前
 
 
H27.1月川越市M様目地劣化.jpg築10年ほどのM様邸は、外壁自体の傷みはあまり見られなかったもののサイディング目地の劣化が顕著でした。
また今はそれほど傷んでいる様に見えずとも、塗膜は着実に劣化していき、水分を含んで外壁に色々な問題を引き起こします。
 
 

H27.1月川越市M様屋根劣化.jpg屋根の方は塗膜が完全に剥がれてしまっていて、ほぼセメントむき出しの状態でした。

屋根の方が外壁よりも環境が厳しい為、劣化も早いです。

普段はなかなか見えない所ですから、屋根に上ってきちんと現状を見てくれる業者に見てもらう事が大切です。

  

   埼玉県川越市 M様邸 【下地処理・調整】              

H27.1月川越市M様屋根洗浄.jpg          H27.1月川越市M様外壁洗浄.jpg

まずはじめに高圧洗浄を行います。

外壁や屋根についた汚れやほこり・カビなどをスクリュー状の150高圧という高い圧力で洗浄し、綺麗にしていきます。

先に足場を組んでメッシュ状の養生シートを張っていますので汚れが他に飛び散ることはあまりありませんが、万が一を考え洗浄前と洗浄後には近隣の方々へ挨拶に伺っています。

H27.1月川越市M様サイディング釘打ち.jpg

ところどころで釘に浮きが出ている所がありました。

湿度や気温の変化によってサイディングの木の下地材が伸縮し、サイディングと下地材を留めている釘が少しずつ浮き出て来たものと思われます。

サイディングが反ってしまう原因にもなりますので打っておきます。

H27.1月川越市M様目地切り.jpg          H27.1月川越市M様目地切り2.jpg

サイディングの目地は打ち替えを行います。

古くなったコーキングをカッターで撤去し、綺麗に取り除きます。

H27.1月川越市M様目地切り後残骸.jpg

サイディング目地の一本一本を取り除くとこれだけの量になります!

取り除いた部分には、また一本一本コーキング材を注入していくのですが、これがなかなか地道な作業です^^;

しかしこの作業はサイディングのお家の重要な部分ですのでしっかりと行います!

 

H27.1月川越市M様目地プライマー.jpg          H27.1月川越市M様目地シーリング注入.jpg

古いコーキングを撤去した所に、養生をして専用下塗材のプライマーを塗ります。

このプライマーはあとから注入するシーリング材とサイディングとの密着を良くする接着剤のようなもので、このプライマーがきちんと塗れていないとサイディングの際からコーキングが剥がれてきたりするので、しっかりと塗布します。

H27.1月川越市M様目地注入後 (2).jpg

養生していたテープを取ったら完成です!

これを目地の一本一本に行います。

しっかりと工期を設けて丁寧に行いました。

 

 

 

  埼玉県川越市 M様【屋根塗装】                

H27.1月川越市M様屋根下塗り1.jpg          H27.1月川越市M様屋根下塗り2-1.jpg

下塗りの1回目、2回目はプライマーです。

マルキペイントでは、密着のほかに「下地を強化する」という目的を持って浸透性のプライマーを使用しています。

なぜなら、上にいくら良い塗料を塗ったとしても下地が脆く脆弱なままでは、折角の上塗り材の機能も発揮できないからです。

いくら立派で美しいお城を建てたとしても、砂の土台の上では長く建っていることなど出来ませんよね。

「塗装は下地強化が命!!」

このプライマーは劣化して脆くなった素地に浸透して固化し、コロニアル瓦自体の耐久性をアップするので、後に塗る上塗りの性能をいかんなく発揮出来ます。

 H27.1月川越市M様屋根タスペーサー.jpg

屋根の塗替えの際に大切なのが、縁切りの作業です。

新築の時には瓦一枚一枚が製品として塗装されているので、当然ですが瓦の間に隙間が空いています。

その隙間が雨水や湿気を溜めずに排出する吐き出し口になっているのですが、塗装する事によってその隙間を塞いでしまう可能性があるのです。

そのために縁切りをするのですが、マルキペイントではタスペーサーという道具を使って縁切りをします。

瓦と瓦の間にタスペーサーを挿しこむことによって隙間ができ、屋根塗装をしても密閉してしまうという事がなくなります。

H27.1月川越市M様屋根下塗り3.jpg

M様邸の屋根は劣化が進んでいたので、下塗り3回目としてサフェーサーを塗ります。

このサフェーサーは 、下地を平滑にし上塗材との密着を高めます。

また、コロニアル瓦の性質とほぼ近いサーフェイサーを塗布することで、劣化した素地の再生を行います。

H27.1月川越市M様屋根中塗り.jpg          H27.1月川越市M様屋根上塗り.jpg

上塗りはインターバルをあけて2回塗ります。

正しく乾燥時間を取って決まった希釈で塗りつけることによって、必要な厚みと耐久性が出来ます。

H27.1月川越市M様屋根施工後.jpg

M様邸で使用した塗料はロックペイントの「ハイパーユメロック」です。

この塗料はシリコン樹脂塗料の中でも高い耐候性と低汚染性を有しており、長期に渡ってお家を保護してくれる、とても良い塗料です。

 

page_banner_color_off.jpg

 

  埼玉県川越市 M様【外壁塗装】                

H27.1月川越市M様外壁下塗り1.jpg          H27.1月川越市M様外壁下塗り2.jpg

M様邸の外壁はタンダードプランですので、下塗り2回、上塗り2回の計4回塗りです。

下塗り1回目はシーラーです。

マルキペイントで使っているシーラーは浸透性にすぐれ、脆弱な下地に浸透して表面を固化します。

屋根と同様、外壁も下地をしっかり強化してから工程を進めます。

下塗り2回目はサーフです。

日本ペイントのパーフェクトサーフは、窯業系サイディングボードの塗り替えに最適な下塗材で下地の隠ぺいにすぐれているので、M様邸のようにお色をガラリと変える際にはその高い隠ぺい力を発揮します。 

また、微弾性機能、防カビ・防藻機能も有しているも多機能な下塗材でもあります。

H27.1月川越市M様外壁中塗り.jpg          H27.1月川越市M様外壁上塗り.jpg

上塗りは日本ペイントのパーフェクトトップです。

中塗り・上塗りと2回塗ることで塗膜に厚みと耐久性を持たせます。

パーフェクトトップには、紫外線によって発生し塗膜を劣化させる【ラジカル分子】を制御する機能がありますので、シリコングレードを超える優れた耐候性があります。

しかも水性塗料なので環境に優しく、いやな臭いもしないので近隣の方々にも御安心いただけます。

  埼玉県川越市 M様【付帯塗装】                

H27.1月川越市M様軒天塗装.jpg          H27.1月川越市M様雨どい塗装.jpg

軒天と雨樋の塗装です。

軒天が綺麗になるとリニューアル感がましますね^^

窓際から外を見た時、明るくなったように感じます。

雨どいは紫外線で劣化しやすいので、こちらも保護の為しっかりと塗ります。

  埼玉県川越市 M様邸 【塗装工事 施工後】             

 

H27.1月川越市M様施工後2.jpg

川越市M様邸、完成です!

素敵な2色使いですね。

元々のドアのお色と、塗り替えた真ん中の壁のお色が合っていて、白とのコントラストでとてもモダンに見えます^^

H27.1月川越市M様施工後1.jpg

もう一枚のこちらはベランダ側です。

ベランタの張り出し部がアクセントになっています。

埼玉県川越市M様の嬉しいお声はこちらから↓ 

川越市M様「気持ち良くすごさせてもらっています。」 

 

外壁塗装 パーフェクトトップ
屋根塗装 ハイパーユメロック
参考金額 約140万円