マンションの外壁塗装時の臭いが苦痛。より健康に配慮したVOCが少ない水性塗料とは?

外壁塗装時の苦痛な臭いは、油性塗料の溶剤として使用されるシンナーなどが原因です。塗料に含まれるVOC(揮発性有機化合物)の含有量の少ない水性塗料を使用することで、健康被害を最小限に抑えることが可能です。VOCの少ない水性塗料についてご紹介します。

 

VOC(揮発性有機化合物)は、塗料の溶剤などに用いられ、シックハウス症候群などとの関連性も指摘されています。外壁塗装時だけでなく、塗装後も空気中に拡散されるので、目に見えない有害物質と鼻につく臭いで体の不調を訴える方も少なくありません。現在は、人体へ悪影響を及ぼすVOC(揮発性有機化合物)が少ない低VOC塗料である水性塗料が主に使用されています。

 

◆V0Cが少ない水性塗料

水性塗料は油性塗料と違いシンナーなどの溶剤を使用せず、水を用いる塗料なのでVOC(揮発性有機化合物)の発生は極力抑えられます。有害物質が100%除去されている訳ではありませんが、人体への悪影響とならないよう配慮された塗料であるといえます。

 

水性塗料の安全性

微量ながら有害物質を含む水性塗料ですが、苦痛を感じる臭いはかなり抑えられます。水性でも塗料ですから無臭とはいきません。しかし、塗装工事のイヤな臭いはほとんどの場合、油性塗料に含まれるシンナーが原因なので、水性塗料を使用することで嗅覚的には満足できるレベルになるでしょう。

東京都健康安全研究センターで、「塗装工事中の空気中VOC濃度について」実態調査を行った記述によると、『一般に、「水性塗料」を使用し、「換気条件を良くすること」で、VOC濃度は低くできる。ただし、水性塗料に含まれるテキサノールや1-メチル-2-ピロリドンは健康被害との関連が疑われるため、添加されていない水性塗料を選ぶ必要がある。』とのこと。以上のことから水性塗料を推奨していることが分かります。水性塗料も種類があるので、より安全な製品を選び塗装することが望ましいでしょう。

 

VOCフリーと無溶剤型塗料とは

VOCフリーは、水性塗料よりもさらにVOCの含有量が少なく、トルエン・キシレン・エチルベンゼンの含有量がそれぞれ0.1%未満と表示されています。VOCがもっとも0に近い塗料という認識でよいでしょう。しかし、0ではないということです。無溶剤型塗料も同じで、塗装作業性の改良など、現在も開発・研究が進められています。まだまだ一般的とはいえず、改良が待たれています。

 

臭い対策

・マスクの着用  ・塗装中の外出  ・洗濯物を干す場所の検討水性塗料の微弱な臭いにも反応する体質の方もいます。念には念を入れて、健康に配慮した対策は率先して行うとよいでしょう。水性塗料を使用した上で上記の対策を行えば、まず安心です。あまり神経質になり過ぎず、仕上がりを楽しみにする余裕も大切かもしれません。

 

まとめ

VOC(揮発性有機化合物)が少ない水性塗料は安全性にも問題なく、健康に配慮された塗料です。マンションなどで外壁塗装が行われる場合は、事前であれば水性塗料を検討してもらい、塗装中であれば臭い対策を行うなど、可能な方法を選択しましょう。