フッ素塗料の特徴とは?メリットから外壁塗装に使う時の注意点まで | 埼玉の外壁塗装ならマルキペイント

フッ素塗料の特徴とは?メリットから外壁塗装に使う時の注意点まで

外壁塗装に使用する塗料を選んでいると、フッ素塗料が気になる人もいるでしょう。さまざまな外壁用塗料の中でも、フッ素塗料は採用するメリットが多く、外壁塗装における魅力的な選択肢です。

しかし、フッ素塗料にはメリットだけではなく、デメリットとなる点も存在します。

当記事では、フッ素塗料のメリット・デメリットを分かりやすく解説し、どのような人に向いているかを紹介します。外壁塗装に使う塗料で迷っている人や、外壁をきれいに仕上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.フッ素塗料の特徴とは?

フッ素塗料とは、フッ素を含んだ合成樹脂が主成分となっている塗料のことです。フッ素塗料は、ウレタン系塗料やシリコン系塗料などの他塗料より高価ではありますが、外壁塗装用の塗料に求められる各種性能が優れています。

ここでは、フッ素塗料の特徴を5つ紹介します。

  • フッ素塗料の特徴①『耐久性』

    フッ素塗料は塗装面との密着性が高く、塗膜性能を長期間保つ耐久力があります。
    日差しや風に晒される外壁塗装に用いても、塗膜の強度が落ちにくく、耐用年数は15年~20年と長めです。他塗料の耐用年数は、ウレタン系塗料が7~10年、シリコン系塗料が10~15年であり、耐久性の差は歴然となっています。

  • フッ素塗料の特徴②『耐熱性』

    フッ素塗料は熱に強く、太陽光を浴び続けても劣化や色あせを起こしにくいことが特徴です。主成分の樹脂に含まれているフッ素と炭素が強固に結合していることで、紫外線にも破壊されにくくなっています。
    耐熱性は耐候性とも呼ばれ、外壁材を長く守ってくれる点が魅力です。

  • フッ素塗料の特徴③『親水性』

    親水性とは、塗装表面に水が密着して濡れやすい機能性のことです。
    フッ素塗料は親水性が高く、表面にホコリなどの汚れが付着しても、雨に洗い流されてきれいになる効果が期待できます。汚れがつきにくいため「低汚染性」と呼ばれることもあり、淡い色で塗装した外壁が経年で汚れにくく、美観を保つことが可能です。

  • フッ素塗料の特徴④『防カビ・防藻性』

    外壁は雨に晒されるため、カビや藻が繁殖しやすい環境です。
    フッ素塗料の塗膜は防カビ性や防藻性を持っていることが多く、外壁の藻やカビ汚れを防いでくれる効果が期待できます。前述したように、フッ素塗料には親水性もあるため、発生したばかりのカビや藻であれば、水洗いで落とすことも簡単です。

  • フッ素塗料の特徴⑤『防水性』

    一般的に外壁用塗料は防水性を持っており、フッ素塗料も優れた防水性があります。防水性がある塗料を塗ることで、外壁材を雨水から守ることが可能です。
    メーカーによっては、塗膜表面にクラックが生じてもゴムのように伸びてひび割れを塞ぐ、弾性を持った製品も展開しています。

2.フッ素塗料のメリット・デメリット

さまざまな特徴を有しているフッ素塗料は、どのような状況にも適している完璧な塗料と考える人も少なくありません。

しかし、フッ素塗料にもデメリットといえるポイントはあります。フッ素塗料を選ぶメリットとデメリットを比較して、フッ素塗料を使用するべきかを考えましょう。

ここでは、フッ素塗料のメリット・デメリットを具体的に紹介します。

2-1.フッ素塗料のメリットは耐久性の高さ

フッ素塗料を選ぶメリットは、耐久性の高さです。耐熱性・親水性・防水性といった外壁塗装に適した特徴を持っているため、塗装の寿命が長持ちします。フッ素塗料の塗膜はツヤ出しの光沢感があり、外壁を新築のような美しさにして長く保ってくれるため、経年で汚く見えることもほとんどありません

フッ素塗料が持つ耐久性の高さは、長期的なコストパフォーマンスの良さにも繋がります。たとえば、耐用年数が10年程度のウレタン系・シリコン系塗料は、20年で2回、30年で3回の塗り替えリフォームを行わなければなりません。一方で、耐用年数15年以上のフッ素塗料は、塗り替えリフォームが20年で1回、30年で2回のペースで済みます

2-2.フッ素塗料のデメリットは価格の高さ

フッ素塗料のデメリットは、塗料自体の価格が高いことです。1平方メートルあたりの費用相場は、ウレタン塗料が2,000円程度、シリコン塗料が2,800円程度であることに対し、フッ素塗料は4,200円程度となっています。フッ素塗料を使用すると、1回ごとの施工費用が高くなるため、まとまった工事費用の負担を減らしたいケースには向きません。

また、フッ素塗料は追従性が低いデメリットも持っています。追従性とは、外壁材の動きに合わせて、塗料が伸び縮みする性質のことです。フッ素塗料の塗膜は固く、横に伸びる力が劣るため、外壁にヒビが入ると一緒に割れる可能性があります。

フッ素塗料には、ツヤなしの製品がありません。塗料と相性が悪い和風建築物や、周辺環境と調和しにくい場合には、選べないこともあります。

3.フッ素塗料がおすすめの人

フッ素塗料で外壁塗装を依頼する場合は、フッ素塗料が持つメリットを十分に活かせることを考える必要があります。フッ素塗料がおすすめとなる人は、以下のケースです。

  • リフォームにかかるトータルコストを節約したい人
    フッ素塗料は長期的な外壁リフォーム工事の回数を減らせます。足場代や、下地処理の高圧洗浄費用など、トータルコストの節約が可能です。
  • お手入れの手間を減らしたい人
    フッ素塗料は親水性と防カビ・防藻性があるため、外壁の汚れを洗い流す手間を減らせます。
  • 光沢のある仕上がりを望む人
    フッ素塗料はツヤありの塗料であり、使用すると新築のように光沢がある仕上がりとなります。
  • 広い住宅に住んでいる人
    広い住宅は、外壁塗装にかかる費用も多額となります。塗装工事の頻度は少ないほうが節約となるため、耐用年数が長いフッ素塗料が最適です。
  • 外壁について気に入った色がある人
    気に入った色で塗装した場合は、なるべく色を長持ちさせたいものです。フッ素塗料は色あせ・汚れ付着が起こりにくく、お気に入りの色で塗装した外壁を長く楽しめます。

4.フッ素塗料で外壁塗装する時のポイント

実際にフッ素塗料を使用して外壁塗装する場合、まずはフッ素塗料の正しい使い方を把握しておくことが大切です。最後は、フッ素塗料で外壁塗装する時のポイントを紹介します。

●予算に合わせて使用部位を考える
フッ素塗料は塗料価格が高いため、家の外壁全てに使おうとすると、予算オーバーする可能性があります。フッ素塗料を検討している人は、予算に合わせて使用部位を考えましょう。

建物外装の中でも、経年で傷みやすい屋根材や軒天・雨樋などの付帯部分は、フッ素塗料の使用がおすすめです。屋根塗装はフッ素塗料、外壁塗装はシリコン系塗料など、部位ごとに塗料を使い分けることで、予算内に収めやすくなります。

●建物の寿命そのものを伸ばせるわけではないことを理解する
フッ素塗料は、確かに耐久性が高い塗料ではありますが、建物の寿命そのものを伸ばす機能はありません。建物が老朽化しており、数年以内に建て替えが必要な状態では、フッ素塗料の耐用年数が無駄となってしまいます。

建物自体の寿命が近い場合は、耐用年数が10年程度のウレタン系・シリコン系塗料がおすすめです。

上記以外にも、フッ素塗料を使用した外壁塗装は、信頼できる塗装業者に依頼する点に注意しましょう。

フッ素塗料は扱いやすく性能が高いことから、多くの業者が施工を請け負っています。そのため、技術や知識が乏しい塗装業者に依頼してしまうと、フッ素塗料の性能を最大限に引き出すことができません。
業者を選ぶ際は、高い技術と施工実績を持ち、工事を安心して任せられるところを選ぶことが大切です。

まとめ

フッ素塗料は、外壁塗装に使用される塗料の中でも、高い耐久性を持つことが特徴です。耐熱性や親水性、防カビ・防藻性などの優れた特徴を持ち、15~20年と長い耐用年数があります。

フッ素塗料は価格が高く、1回あたりの工事費用が高価な点がデメリットです。しかし、高い耐久性により、塗り替えリフォーム回数が少なく済むため、長期的なコストパフォーマンスに優れています。外壁メンテナンスの手間やトータルコストを抑えたい人におすすめです。

フッ素塗料の外壁塗装は、信頼できる塗装業者に依頼しましょう。確かな知識・技術を有している業者に塗装を依頼することで、自宅の外壁を守ることができます。

▼マルキペントを詳しく知りたい方はこちら▼

▼マルキペイントの施工事例はこちら▼