さいたま市見沼区で施工された大規模修繕の事例と業者選びのポイントを紹介! | マルキペイントブログ

外壁塗装・屋根塗装の豆知識ブログ | マルキペイント

2021.07.10

さいたま市見沼区で施工された大規模修繕の事例と業者選びのポイントを紹介!

image6

さいたま市見沼区で大規模修繕を予定されている方は、業者選びにお悩みではないでしょうか。
マンションの大規模修繕の成功は、入居率にも関係します。
そのため、業者選びは大規模修繕を行う上で重要なポイントとなります。

この記事では、さいたま市見沼区の大規模修繕の施工事例と、業者選びの方法を解説していきましょう。
大規模修繕を成功させてマンション運営を良好な状態にしたい方は、ぜひ記事をご覧になってみてください。

さいたま市見沼区の近隣で施工された大規模修繕の事例

image14

マルキペイントがさいたま市見沼区の近隣で行った大規模修繕の施工事例を紹介します。
写真付きで解説していきますので、それぞれの工事内容をぜひチェックしてみてください。

外壁の補修や塗装をメインに行ったマンションの大規模修繕の事例

image2

外壁の補修や塗装をメインに行った賃貸物件の大規模修繕の施工事例です。
外壁は経年劣化による色あせやサビが発生していました。
足場の設置や養生を行い、丁寧に作業いたしました。

工事を安全に行うために必要な足場の設置

image11

階層が低い賃貸物件ですが、外壁の補修と塗装が必要なので足場を設置しました。
職人が安全に作業できるように、落下防止のためのネットも設置しています。

外壁の汚れを落とす高圧洗浄

高圧洗浄

外壁塗装をする前に、汚れを落とす高圧洗浄を行います。
外壁に汚れが残った状態で塗装しても、塗料と下地の密着性が低くなるため施工不良となります。
外壁塗装する際は、しっかりと汚れを落とす必要があるのです。

雨の浸入を防ぐ外壁のコーキング補修

image8

image9

外壁のコーキング補修も行いました。
外壁のコーキングが劣化したり破損したりしていると、雨水が建物内部に入り込む場合があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

外壁の隙間にコーキング材を注入したら、最後にヘラで押さえます。
ヘラで押さえることで、下地とコーキング材の密着性が上がります。

塗装作業をスムーズに行うための養生

image5

大規模修繕 塗装 養生

塗装を行わない箇所に、養生を行います。
養生を丁寧に行っておくと、塗装工事の際に塗料の飛び散りを心配しなくていいので作業がスムーズに進みます。

下塗りを2回行う外壁塗装

外壁塗装

image3

外壁塗装

下塗りを2回行う外壁塗装です。
マルキペイントでは、一般的には3回塗りのところ4回以上塗りで外壁塗装を行います。
下塗りを2回行うことで、下地を強化できて耐久性の高い塗装面に仕上がります。
マルキペイントが外壁塗装で4回以上塗りをする理由を、以下の動画で詳しく解説していますのでぜひチェックしてみてください。

サビ止めを塗布して再発を防ぐ鉄部塗装

image25

image23

サビ止めを塗布してから行う鉄部塗装を行いました。
鉄部塗装を行う前は、まずはケレン作業を行います。
ケレン作業とは、鉄部のサビを落とす工程です。
鉄部のサビを丁寧に落とすことで、塗料と下地の密着性が上がります。

ケレン作業後にサビ止めを塗布して、その上から塗料で塗装していきます。

タイルの2色塗り分け塗装に大変満足いただいたマンションの大規模修繕の事例

マンション 大規模修繕期間1

タイルの2色塗り分け塗装に大変満足いただいたマンションの大規模修繕の施工事例です。
こちらのマンションでは雨漏りが発生していたため、補修も必要でした。
また、前回の大規模修繕の際では外壁タイルを1色で塗装されたとのことです。
オーナー様のご希望により、今回は外壁タイルを2色塗り分けで塗装しました。

下地を整えてから行う外壁塗装

image8

image18

まずは外壁の下地を整えてから塗装を行います。
高圧洗浄で掃除をしたり、補修したりして下地を整えておかないと、塗料との密着性が低下してしまうのです。
マルキペイントでは、以下の流れで塗装を行います。
・下塗り2回
・中塗り1回
・上塗り1回

一般的な外壁塗装では、下塗りは1回です。
しかし、下塗りを2回行うことで塗装面の耐久性が高まり、長年美しい外壁を維持できます。

依頼主様のご希望に沿った外壁タイルの2色塗り分け塗装

image36

image19

依頼主様が希望された、外壁タイルの2色塗り分け塗装です。
前回の大規模修繕では外壁タイルを1回塗りで塗装されたため、美観の悪さにお悩みでした。
そのため、今回は2色塗り分けで仕上げました。

まずは、目地となるグレーカラーを全体に塗布します。
最後に、タイルの色となるブラウン系のカラーをローラーを使って塗ると完成です。
目地にブラウン系カラーが付着しないように、注意して塗装する必要があります。

雨が吹き込むベランダの防水工事

image46

雨が吹き込むベランダの防水工事です。
雨が吹き込みやすいベランダも、対処しておかなければ雨漏りの原因となります。
下地調整を行い、塗料で防水層を形成していきます。
最後に、保護膜となるトップコートを全体に塗布したら完成です。

雨から建物を守る屋上の防水工事

image37

image48

防水 工事 川口1

屋上の防水層が劣化していたら雨漏りの原因となるため、大規模修繕では破損箇所がないか点検して、補修を行わなければいけません。
今回、こちらのマンションでは雨漏りが発生していました。
そこで、調査してみると屋上の笠木部分の破損が雨漏りの原因とわかりました。
笠木とは、屋上の立ち上がり部分のことです。

雨漏り補修を行ってから、防水工事に移ります。
屋上の下地調整を行い、下塗り材と防水主剤を塗っていきます。
最後に、トップコートを塗布すれば完成です。

さいたま市見沼区で大規模修繕を依頼する業者を選ぶための方法

image9

さいたま市見沼区で、大規模修繕を依頼する業者を選ぶための方法は以下の5つです。

・施工実績を確認してみる
・建物診断の内容をチェックする
・アフターサービスの内容を確認する
・見積書の内容が明確か確認する
・地域密着型の業者を選ぶ

上記の方法を押さえておけば、業者選びの失敗を避けやすくなるでしょう。
以下にて、それぞれの業者選びの方法をより詳しく解説していきます。

施工実績の数や内容を確認する

image18

これまでの施工実績の内容を確認して、大規模修繕の経験が豊富かや、工事方法についてチェックしてみましょう。
施工実績が豊富な業者は、技術力が高いのはもちろんのこと、依頼主からの評判がいいため多くの依頼を受けているといえます。

マルキペイントでは塗装実績が4,500件以上もあり、個人宅からマンションの大規模修繕まで多数の施工経験があります。
また、外壁塗装では4回以上塗りを行い、依頼主様の大切な住宅や物件の耐久性を高めているのです。

さらに、高品質な工事を行うためにマルキペイントではPQS(ペイントワーククオリティシステム)を導入しています。
PQSとは、工事に関する工程をマニュアル化することで、常に高品質な工事が行えるようにしたシステムです。
マルキペイントは施工実績が豊富なだけでなく、常にハイクオリティな工事を行うため、安心してご依頼いただけます。

マルキペイントの施工事例をさらに確認してみたいという方は、ぜひ以下のサイトをご確認ください。

「マンションの大規模修繕はマルキペイントにお任せください!」

建物診断を丁寧に行っている業者を選ぶ

image17

建物診断を丁寧に行っている業者に依頼すれば、見積もりと最終的な工事価格に大きな差が生まれにくいため安心です。
ただし、見積もり時よりも外壁タイルや配管などの補修工事が必要であれば、工事価格が変わる場合もあります。
また、建物診断の後に丁寧に状況を説明してくれる会社であれば、依頼主に寄り添う優良業者といえます。

マルキペイントは、経験豊富な診断士が最新機器を使いながら行う住宅診断が無料です。
さらに、診断後は診断書を作成して丁寧に状況を説明しているので、安心度が高いです
マルキペイントの建物診断については、以下のサイトからチェックしてみてください。

「外壁塗装、屋根塗装、屋上防水の無料診断」

アフターサービスがしっかりと整っている業者を選ぶ

image4

大規模修繕は、アフターサービスの内容が充実している業者へ依頼しましょう。
アフターサービスの内容が充実している業者は、技術力に自信があるためサポート体制を強化しているのです。
マルキペイントでは、一般的には保証しないレベルで最大10年間の保証を用意しています。

中でも、外壁の劣化症状の1つであるチョーキングに対しても保証があるのは、マルキペイントの強みです。
チョーキングは経年によって外壁が劣化してきた際にあらわれる症状なので、塗装して数年経過すると発生しやすいです。
そのため、他社ではチョーキングは保証の対象外となる場合が多くなります。
しかし、マルキペイントでは独自特許の「カラープロテクト工法」で外壁塗装を行っているため、チョーキングが発生しません。
「カラープロテクト工法」とは、塗膜の上に保護膜を形成して塗装面を強化する方法です。

また、マルキペイントは第三者機関によって技術力が認められなければ加入できない瑕疵(かし)保険での保証も用意しております。
瑕疵保険は工事後の不具合に対して保険金がおりるため、もしもの際にも安心です。

見積書の内容が明瞭な業者を選ぶ

image1

見積書の内容が明瞭な業者は、信頼度が高いといえます。
大規模修繕では費用がかかるため、工事価格が適正かどうかは依頼主様にとって不安の1つとなるでしょう。
そのため、見積書の内容が明瞭でわかりやすく記載されていれば、依頼主様の不安を解消しやすくなるのです。

マルキペイントは、見積もりの際に原価を提示して工事価格が適正である旨を丁寧に説明しています。
工事価格について気になることは、遠慮なく何でもご相談ください。

地域密着型の業者を選ぶ

ビル 外壁塗装12

地域密着型の業者は、依頼主に寄り添った対応をしてくれるので安心して依頼できます。
また、間にほかの業者を通さないため、意思の疎通が図りやすく、スムーズに工事が進められます。

マルキペイントは創業から49年以上も埼玉県内を中心に営業しており、地域活動にも力を入れている業者です。
また、会社内で保護犬と猫の譲渡会を開催しており、この活動が新聞に掲載されたこともあります。
マルキペイントは地域に根差した営業を行っておりますので、地元での大規模修繕は安心してお任せください。

さいたま市見沼区の大規模修繕に関することはぜひマルキペイントにご相談ください

image15

マルキペイントについてより詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトでぜひチェックしてみてください。
「株式会社マルキペイント・会社概要」

さいたま市見沼区で大規模修繕を予定されているオーナー様は、一度マルキペイントまでご相談ください。

豊富な施工実績と高い技術力で、必ず満足いただける工事を行います。
また、プロの診断士による建物診断が無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
「お問い合わせ:電話またはメール、FAXで!」