外壁塗装・屋根塗装の豆知識ブログ | マルキペイント

2020.04.25

無機塗料のメリット・デメリット。フッ素塗料より高耐久って本当?


 

最近無機塗料という言葉聞くことが多くなったと感じる方も多いのではないでしょうか?無機塗料というのはどういったものか?また、どのような特徴を持っているか、耐久性などもお伝えしたいと思います。

 

1.無機塗料とは?

 

通常一般的に言われている塗料は、有機塗料というものですが、この無機塗料というものは、有機質の逆の無機質な塗料ということになります。

 


例えば、陶器や石、レンガなどは全て無機質なもので出来ており、こういったものは全て、半永久的な物質といえます。その為、簡単に言うと、無機に近い塗料にした場合、高耐久な塗料になるということが、原理になります。

しかし、無機質なものは基本的に固いため、塗料には適さないことも分かっております。ですから、一般的に無機塗料と言われているものは、無機と有機のハイブリット塗料であり、完全無機な塗料ではないということです。

無機物100%の塗料は存在しません。塗料を作る際には有機物と無機物を混ぜ合わせます。無機塗料についての厳密な定義は定められておらず、「原材料に無機物が占める割合」などの決まりはありません。

 

 

2.当初の無機塗料への考え方

 

最近の無機塗料への考え方は、「高耐久塗料」というイメージが強いと思いますが、元々は違った観点からこの塗料は作られたと考えられます。

 

 

まず、最初に無機塗料を作った会社は恒和化学(現 ダイフレックス)という塗料メーカーです。この恒和化学の知名度はそれほどでもないかもしれませんが、こだわりを持っている技術メーカーとして、私個人的には好きなメーカーの1つでした。

 

 
恒和化学は2002年にスーパーセランを開発し、これが高耐久無機塗料として販売されたのですが、実はそれ以前から、一般的な無機塗料を提供していたのです。

 

私の会社でもよく使っていましたが、SPコートやムキロールといった商品が一般的な耐久性を持つ無機塗料です。

 

 

この辺りの塗料は、耐久もそれなりにはありましたが、それ以上に重要だったのは、外壁の美観性でした。例えば、スタッコ壁やリシン壁、またジョリパットなどの、無機質な壁に対し、有機塗料で塗装するのは、プロの美観的センスからすると、あまり良いものとは言えませんでした。

 

 

こういった、プロフェッショナルな美観的センスから、恒和化学は無機塗料を開発し、素地に合わせた、高級感のある仕上がりを求め、無機塗料の開発をしてきたと考えられます。

 

 

3.恒和化学の無機塗料に対しての考え方

 

先ほどもお話ししたように、恒和化学は無機塗料を開発されたきっかけが、外壁に対し良い仕上がりを追求し、良い材料という観点から、高耐久塗料にたどり着いたということです。

 

ですから、スーパーセランに至るまでの、無機に対する向き合い方(ダジャレも織り交ぜてみました笑)が他メーカーとは大きく違い、良質な塗料を開発したいという考え方が先行され、作られた塗料なのです。

 

 

4.無機塗料が知名度を得た背景

 

無機塗料が注目されたきっかけは、恒和化学が無機塗料(スーパーセラン)をフッ素塗料以上の耐久性ということを打ち出し、その根拠として、無機質のものは半永久的だということでした。

 

それに便乗した、ベンチャー企業が無機塗料を作り、OEMなどで広げ、無機塗料のシェアを獲得していった背景があります。

 

そのことから、大手塗料メーカーも無機塗料を無視することが出来なくなり、日本ペイントや関西ペイント、SK化研などが高耐久塗料として、ラインナップされたのだと考えられます。

 

 

 

5.無機塗料は本当にフッ素塗料以上なのか?

 

無機塗料がフッ素塗料以上ということについては、2点あると考えられます。

まず、1つ目はフッ素塗料の基準が大きく改正されたことになります。昔のフッ素塗料の方が、厳しい基準でした。それが改正され、基準が緩くなり安いフッ素塗料が出回るようになったということがあります。ですから、本来のフッ素塗料と比較すると、そこに大きな差があるとは考えにくいと思います。

 

2つ目は、スーパーセランだからということだと考えられます。先ほども言いましたが、無機塗料は正確に言えば、無機と有機のハイブリット塗料です。完全無機塗料というものは不可能ですので、そのバランスが大事になります。

 


恒和化学は無機塗料を世の中に出してから(SPコートやムキロールなど)、ずいぶん時間が経過し研究しております。塗料としての性能と耐久性の絶妙なバランスを保った塗料を作った自信がその言葉の表現になったのだと思います。

 

ですから、全ての無機塗料が高耐久で良質な塗料だと考えるのは非常に危険だと考えられます。

 

 

 

6.無機塗料のメリット・デメリット。

2-1.無機塗料のメリット

無機塗料には、以下に挙げる3つのメリットがあります。

 

■耐候性が高いこと

耐候性とは、屋外で使用した際に紫外線などの影響による劣化や変形・変色を起こしにくい性質のことを指します。外壁塗装においては、耐久性とほぼ同じ意味で用いられる概念です。
紫外線による劣化や変色を受けにくい無機物の特性を活かした塗料であるため、無機塗料は高い耐候性があります。石やガラスが変色・変形しにくいことをイメージすれば、無機塗料の耐候性の高さを理解できるでしょう。

 

■汚れにくいこと

無機塗料が汚れにくいという特徴は、以下に挙げた3つの特性によるものです。

 

特性の1つ目は、親水性(水へのなじみやすさ)が高いことです。親水性の高い無機塗料は、雨水を壁面と外壁面との間に取り込み、汚れを洗い流せる特徴があります。

特性の2つ目は、静電気が起こりにくいことです。静電気にはほこりやチリなどを引き寄せる特性があるため、静電気が起こりにくいことで、汚れが壁に付着しにくくなります。

特性の3つ目は、防カビ性・防藻性が高いことです。防カビ性・防藻性とは、カビや藻類から外壁を守れる性能を指します。無機塗料の防カビ性・防藻性が高い理由は、カビや藻類の栄養源となる有機物の量が少ないためです。

 

以上の特性により、有機塗料に比べて無機塗料は汚れにくいというメリットを持ちます。

 

■燃えにくいこと

無機塗料は、燃えにくい特徴があります。火が燃える際の原料となる炭素の量が少ないため、無機塗料は燃えにくいです。耐火性が強い無機塗料を外壁塗料として用いることで、家を火災に強くできます。

 
 

2-2.無機塗料のデメリット

メリットの多い無機塗料ですが、選択する際には把握しておきたいデメリットが3つあります。

 

■ひび割れしやすいこと

無機塗料は、硬い材質で柔軟性に乏しいため、ひび割れしやすい特徴があります。特に気を付けたいポイントは、外壁にひびが生じた際に、塗装にもひび割れが発生するリスクのあることです。
そのため、壁材の状況からひび割れが生じやすい場合は、無機塗料を選択するべきではありません。

 

■ツヤが消せないこと

現在、完全にツヤのない無機塗料は存在しません
好みの問題となりますが、「安っぽい」「まぶしい」などの理由から、光沢がない塗料を選びたい方にとっては、デメリットとなってしまいます。

ただし、無機塗料であっても、一定程度までツヤを消した商品を選択することは可能です。しかし、ツヤを消すために添加剤を配合していることにより、無機塗料が持つ耐候性の高さといった特徴が弱まってしまいます。
そのため、機能性と外観のバランスについて、十分に考慮した上で、塗料を選びましょう。

 

■塗れない素材や箇所があること

無機塗料は、素材や箇所によって塗装できない場合があります。素材や箇所によって塗装できないことがある理由は、現時点で無機塗料の種類が少ないためです。
そのため、現在は塗装できない素材や箇所であっても、将来的には塗装できるようになる可能性があります。現時点では、木製の軒裏や屋根などに無機塗料は使用できません。

 

いろいろなメリットデメリットをお話してきましたが、実際、無機塗料という考え方でメリット・デメリットを打ち出すのは、非常に難しいかもしれません。もちろん、全般的には高耐久塗料ということでしょうが、全ての無機塗料が同等の耐久ではないと思うからです。

 

 

7.無機塗料の性質

 

なぜ無機塗料のメリット・デメリットを言うことが難しいかというと、無機塗料の大きな問題は、無機塗料の定義がないからです。

 

無機塗料は、何度もお話ししているように、正確には無機と有機のハイブリット塗料のことです。

 

(私が塗料メーカーから無機塗料の元素記号などを使った化学の話を聞いたのですが、非常に難しく理解しにくいため、私なりの解釈でお話しします。)

 

無機塗料は、無機に近づければ近づけるほど、塗膜は固くなり割れやすく塗料として問題がでます。また、塗膜の硬さを意識し、多く炭素などを入れ結合させていくと、耐久性が下がっていきます。

 

そして、無機塗料にも樹脂が入っておりますので、それがフッ素なのかシリコンなのかアクリルなのかで違いがでますし、樹脂量がどの程度入っているのかということも大きく変わります。

 

さらに、結合方法でも大きく変わるようです。結合方法までお話しするとかなり化学的な話になり、難しい話になるのでやめときますが(私も話せる自信がありませんので)、

 


簡単に言うと均一に結合されているかが大事になるようで、例えば炭素と酸素が交互に均一に正しく配合されているかということ。逆に言えば均一ではなく正しくない結合をしている塗料も多くあるということですので、良質な塗料ほど、この結合方法が大切になることが分かります。

そういった観点から見ると、無機塗料で良し悪しをまとめて話すことは難しく、無機塗料が良い塗料かどうかということは一概に言えないのが現状なのです。

 

 

最近ですと、無機塗料を安売りするベンチャー企業などが増えています。先ほどもお話ししたように、無機の強度と樹脂量、樹脂の性質、結合を考えると、こういったメーカーの塗料が良いとは言えません。

 

 

8.どの塗料が高耐久なのか?

 

私の見解ですと、無機塗料で言えば間違いなく恒和化学(ダイフレックス)のスーパーセランです。

 

ただ、スーパーセランは弊社では研修も受けておりますが、とっても扱うには難しい塗料です。

 

2流、3流の腕のない職人が扱うと大変危険ですので、そのあたりも気を付けてください。

 

また、高耐久塗料ということであれば、超フッ素塗料(スーパーふっそとりょう)と言われているAGCのルミステージもしくはボンフロンがおススメです。

 

▼AGCのルミステージについてはこちら▼

 
 
 

▼ダイフレックスのダイヤスーパーセランアクアについてはこちら▼

 
 
 

9.無機塗料の注意点

 

メリット・デメリットを把握した上で、無機塗料を使って塗装する場合、あらかじめ注意しておきたい点が、2つあります。

 

■価格が高めであること

無機塗料は、塗装単価がやや高い傾向にあります。
耐候性・耐久性の長さを踏まえて長期的にトータルコストを考えると、「高い」とは言い切れませんが、有機塗料に比べると工事費用そのものはやや高額です。

同じ無機塗料でも、メーカーや塗料の種類によって価格が異なります。1平方メートルあたり、4,000~5,000円が平均的な費用相場です。有機塗料として一般的なフッ素塗料の相場(3,700~3,800円)と比べて、やや高いことが分かります。

 

■技術力が確かな業者に依頼すること

前項でもお話しした通り、無機塗料は塗った際の伸縮性が低いため、均等に塗るためには高い技術力が必要です。いくら高品質な塗料であっても、均等に塗装できていなければ、すぐに剥がれてしまったり、ひび割れてしまったりする可能性が高くなります。

そのため、外壁塗装業者の選定が非常に重要です。技術力を高い業者を見極めるためには、以下の3点をチェックしましょう。

 

  • 地域密着のリフォーム業者であること
  • 担当者の説明が的確かつ丁寧であること
  • 工事に関する実績が豊富であること

 

技術力の高い業者に依頼するべきであることは、無機塗料の外壁塗装工事に限ったことではありません。しかし、無機塗料の塗装工事は費用が高額となるため、使ったお金を無駄にしないためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。

10.無機塗料のまとめ

 

無機塗料だから良いとか悪いとかではなく、どういった背景や考え方から作られたかというところが大事になります。私個人的には恒和化学以外の無機塗料は、あまり良いイメージがありません。

 

ベンチャー企業の儲けるための道具になってしまったり、大手メーカーでは世の中の風潮をみて、ラインナップとして、作っているように思えるからです。(あくまで個人的感想です)

 

 

無機塗料に対し、恒和化学ほどエネルギーを注いだ会社は無いのではないかと思います。

 

ぜひ無機塗料を選ぶときには慎重に選んでみてください。
 
(執筆:株式会社マルキペイント代表取締役社長 及川正基)
 

 

 
 
▼マルキペイントのダイヤスーパーセランアクアを使用した施工事例▼
 
 
 
 

▼マルキペイントのホームページはこちら▼