外壁の種類

外壁の種類は数多くあります。
その中でも、一般的に多い外壁は以下の通りです。

吹き付けタイル(アクリルタイル吹き)

アクリル樹脂を主体とした、吹き付けで模様を付けています。
 

スタッコ吹き付け

吹き付けタイルに似た模様ですが、材料がセメント系で出来ており、艶がない仕上げになっています。
 

リシン吹き付け

細かい石のようなものを吹き付けた壁になります。スタッコと同様に艶がなく、落ち着いた仕上がりになっています。
 

ジョリパット

ジョリパットはアイカ工業から出ている商品名ですが、デザイン性に優れた、洋風な仕上がりになります。
 

窯業系(ようぎょうけい)サイディング

窯業系サイディングは主にセメントで出来ており、最近の住宅の外壁には多く使われているものになります。
表面の塗膜で防水効果を保っていますので、塗膜が劣化すると、急激に外壁が弱まっていきますので、早めのメンテナンスが重要です。
 

金属系サイディング

金属サイディングは軽量で、強度の高い外壁材になります。
しかし、メンテナンスを怠ると錆が出てきて腐食する恐れがありますので、塗装が必要になります。
 

このように外壁は色々なものがあり、その外壁によって、材料や工程が変わります。
専門性の高い私たちだからこそ、適正な工事が行えるのです。

適正価格TOPバナー適正価格TOPバナー
職人を大事にしない会社が塗装工事を行うとこのようなリスクがある!!4回塗り こだわりの理由とは?
メールでのお問い合わせはこちら
施工事例をご紹介します
お客様の声をご紹介します
資格をもった診断士による 無料外壁診断
塗装業界の裏側
手抜き工事
「塗替えで失敗しないための教科書」無料進呈中