サイディングの工事価格の相場とは?費用を抑えるコツも紹介! | マルキペイントブログ

外壁塗装・屋根塗装の豆知識ブログ | マルキペイント

2020.12.04

サイディングの工事価格の相場とは?費用を抑えるコツも紹介!

外壁をサイディングにする場合の工事価格はいくらくらいになるかご存じですか? 外壁の張り替えや重ね張りは、大掛かりな工事となるため、かかる費用が気になるところです。また、工事価格をできるだけ抑えたいとも思うことでしょう。
この記事では、サイディングの工事価格の相場や費用を抑えるコツ、優良業者の選び方などをわかりやすく解説していきます。外壁をサイディングに替えたいという方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

 

1.サイディングの工事価格の相場

サイディングの工事価格は、1平米あたり1万円前後が相場です。実際にかかる工事価格は、使用するサイディングの素材や業者によって異なりますので、見積もりを出してもらった際には、内訳をよく確認して、どの項目にいくらかかっているかチェックしておきましょう。
サイディングを施工する際は、材料費だけでなく、足場の設置や既存の外壁材の撤去費用などがかかります。そして、外壁材を設置する工事には、「張り替え」と「重ね張り」の2つの方法があります。
それぞれの工事方法にかかる費用相場について、以下で詳しく解説します。

1-1 張り替え

張り替え工事では既存の外壁材の撤去と新しいサイディング、工事の手間賃を合わせると、1平米当たりおよそ10,000~12,000円が相場となります。張り替え工事における、既存の外壁材の撤去費用は、1平米当たり2,000円が相場価格です。
サイディングの素材別に、張り替え工事にかかる価格の相場を紹介していきましょう。
窯業系
窯業系サイディングを張り替える場合、材料費と工事費用を合わせて、1平米当たり9,500円ほどが相場となります。さらに、既存の外壁材の撤去費用に1平米当たりおよそ2,000円が必要となります。
金属系
金属系サイディングを張り替える場合、材料費と工事費用を合わせて、1平米当たり8,500円ほどが相場となります。既存の外壁材の撤去費用の目安は、1平米当たりおよそ2,000円です。
木質系
一般的な木質系サイディングの素材を張り替える場合、1平米当たり10,000円ほどが工事価格の相場となります。防火構造認定品の場合、素材の価格だけでも1平米当たり15,000円ほどです。
工事の手間賃を足すと、1平米当たり18,000円ほどかかります。さらに、既存の外壁材の撤去費用が必要となれば、工事価格は1平米当たり20,000円近くかかるでしょう。
樹脂系
樹脂系サイディングを張り替える場合、材料費と工事費用を合わせて、1平米当たり7,500円ほどが相場となります。既存の外壁材を解体して撤去する場合は、1平米当たり2,000円ほどが追加でかかります。

1-2 重ね張り(カバー工法)

重ね張り工事の場合、既存の外壁材の撤去費用がかからないため、張り替えよりも費用は安くなります。上記で紹介した張り替え工事にかかる価格のうち、「既存の外壁材の撤去費用」を除いた金額が、重ね張りのおおよその費用となります。

2.サイディング工事の価格を抑えるコツ

サイディング工事の価格を抑えるためには、工事方法や施工する素材を見直すようにしましょう。サイディング工事の価格を抑えるコツは、以下の3つです。
重ね張りを選ぶ
 樹脂系を選ぶ
 工事費用が安い業者を選ぶ

それぞれのコツについて、詳しく解説します。

2-1 重ね張りを選ぶ

重ね張りは、既存の外壁材の撤去が不要なので、工事の手間が省けて費用が抑えられます。ただし、外壁の内部まで劣化している場合、重ね張り工事ができないことがあります。重ね張りでの施工が可能か、業者に相談するようにしましょう。

2-2 樹脂系を選ぶ

樹脂系サイディングは施工する際にコーキングする必要がないため、工事費用がほかの素材より安くなります。また、樹脂系サイディングには表面にすでに顔料が含まれていて塗装も不要なので、工事後のメンテナンス費用も抑えられます。

2-3 工事費用が安い業者を選ぶ

業者によって工事にかかる費用が異なるため、できるだけ安い見積もりを出した会社に依頼するようにしましょう。ただし、見積価格が費用相場よりもあまりに安過ぎる場合、手抜き工事をされる可能性があるため依頼は避けるべきです

3.サイディング工事で起こりやすいトラブル

サイディング工事後、施工不良によるトラブルが起きることがあります。工事価格があまりにも安い業者は、トラブルが起こりやすいため、注意が必要です。
サイディング工事で起こりやすいトラブルは、主に以下の2つです。
サイディングのはがれや割れ
 シーリングのはがれや落下

それぞれのトラブルについて、原因を解説していきましょう。

3-1 サイディングのはがれや割れ

施工不良により、設置したサイディングがはがれたり、割れたりしてしまうことがあります。サイディングのはがれや割れは、固定方法が間違っていたり、サイディングを留めるビスの位置が合っていなかったりすることが原因です。
サイディングのはがれや割れを放置しておくと、雨漏りや落下物による事故の原因となるため、早めの補修が必要です。サイディングのはがれや割れの原因が施工不良の場合、工事を行った業者に相談して補修してもらいましょう。

3-2 シーリングのはがれや落下

施工不良により、シーリングがはがれたり、落下したりしてしまうことがあります。シーリングの厚さ不足や、素材の選定ミスなどが原因です。
シーリングのはがれや落下は、雨漏りや外壁材のずれの原因となるため早めの補修が必要です。サイディングの劣化と同様、シーリングのはがれや落下の原因が施工不良であれば、工事を行った業者に補修してもらいましょう。

4.サイディング工事で失敗しないための業者の選び方

サイディング工事は、外壁の美観を保つだけでなく、住宅の劣化スピードを遅らせるためにも優良業者へ依頼することが大切です。優良業者を選ぶ際に押さえておきたいポイントは、以下の4つです。
相見積もりする
 施工実績の開示を確認する
 工事後の保証を確認する
 口コミをチェックする

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきましょう。

4-1 相見積もりする

相見積もりすることで、工事の相場価格で依頼できて、詐欺も防げます。相見積もりとは、複数の業者に同じ工事内容で見積もりを出してもらうことです。
相見積もりでは、どの業者が工事の相場価格に近いかもチェックできるため、優良業者と悪質業者を見分けやすくなります。

4-2 施工実績の開示を確認する

施工実績を開示している業者は、顧客とのトラブルが少なく、技術力が高いと言えます。安心して依頼できる業者です。反対に、施工実績を開示していない業者は、トラブルが多い悪質な業者の可能性が高いです。

4-3 工事後の保証を確認する

工事後の保証がある業者は、アフターケアまで誠意を持って対応してくれる優良業者と言えます。工事を依頼する前に、施工後の保証はあるのか、どのようなアフターケアをしてくれるのかよく確認しておくようにしましょう。
また、保証やアフターケアについて口頭だけで説明を受けるのではなく、きちんと契約書に内容が記載されているかもチェックしてください。

4-4 口コミをチェックする

業者を選ぶ際は、実際に工事を依頼した人たちからの口コミをチェックしてみるようにしましょう。口コミでは、工事の仕上がりや業者の対応などをチェックできます。悪い口コミが多い業者への依頼は避けるようにしましょう。

5.まとめ

サイディングの工事価格は、1平米当たり1万円前後が相場となります。ただし、張り替え工事の場合は既存の外壁材の撤去費用が追加でかかります。「張り替え」より、既存の外壁材の解体や撤去が不要な「重ね張り」の方が、工事費用は安くなることを覚えておきましょう。
また、工事価格があまりにも安い業者は手抜きする可能性があるため、依頼の際には注意が必要です。サイディングの施工不良は、雨漏りの原因となるため、優良業者へ依頼するようにしましょう。優良業者へ依頼することで、将来かかるメンテナンス費用と、大切な住宅の劣化スピードを抑えられるでしょう。


参考:
 ポケット版リフォーム編2020【設計事務所・工務店必携】p.429(書籍)