埼玉県さいたま市 ラップサイディング塗装 外壁パーフェクトトップ 屋根ハイパーユメロック

無料小冊子ダウンロード

 

さいたま市植村様邸

【施工前】

無題.jpg

さいたま市植村様邸です。

外壁とバルコニーの木部がまるで避暑地の別荘のような、素敵な外観のお家です。

屋根の塗膜が劣化しているけどパッと見綺麗そうに見えましたが、よく見ると色々と痛みの進行が見られます。

 

植村様邸屋根施工前.jpg

屋根はやはり塗膜が殆ど効いておらず、コケやカビなどでおおわれていました。

コケやカビは放っておくと、大好物の塗膜を食べどんどん繁殖し、屋根の素地を弱くします。

雨漏りを引き起こす要因となりますので、コケやカビが生えてきたらメンテナンスを考えましょう。

 

 

植村様邸外壁施工前.jpg植村様邸チョーキング.jpg

 

植村様邸目地シーリング施工前.jpg

外壁は、日当たりの具合からか所々退色を起こしていました。

また、外壁を手でこすると外壁の色をした粉が手につきました。

どちらも塗膜が劣化している証拠ですね。

一番問題なのはサイディング目地の剥がれ!

右の画像に見られるように、継ぎ目と継ぎ目の部分のシーリングがサイディングの際から剥がれて隙間が出来ています。

ここから雨水が躯体内部に浸水し、雨漏りの原因となってしまいますので、このような箇所を見つけたらメンテナンスを考えましょう。

 

さいたま市植村様邸

【下地処理】

 

植村様邸屋根洗浄.jpg植村様邸外壁洗浄.jpg

まず高圧洗浄で、表面に着いた汚れやコケなどを落としていきます。

この作業がきちんとなされないと、下塗材が素地にしっかり浸透せず、その後の上塗りも台無しになりますのでとても重要です。

水の出口はスクリューの状態で放出し、頑固な汚れを綺麗にしていきます。
また、外壁、屋根以外でも汚れが目立つ部分は綺麗に洗っていきます。

植村様邸目地シーリング撤去.jpg植村様邸目地シーリング撤去後.jpg

 目地シーリングの打ち替えを行います。

まず既存の古くなったシーリングをカッターで綺麗に撤去します。この時古いシーリング材が残っていたら、新しく打ち替えても残っていたシーリング材の所から剥がれてきたりするので、慎重に撤去していきます。

植村様邸目地シーリング養生.jpg植村様邸目地シーリングプライマー.jpg

プライマーを塗る為に養生テープで養生をします。

プライマーはコーキングをしっかり密着させるために塗るわけですが、ここで手を抜くとコーキングが剥がれやすく、剥がれたらまた撤去してやり直しになるわけですから非常に重要な工程です。

植村様邸目地シーリング仕上げ.jpg植村様邸目地シーリング仕上げ後.jpg

コーキング材を注入し、しっかりと押し込んでへらで綺麗にならしたら完成です。

 

さいたま市植村様邸

【屋根塗装】

 

 植村様邸屋根タスペーサ.jpg画像が暗くてちょっと分かり辛いでしょうか…これはタスペーサを指しているところです。

タスペーサーとは、塗装の際にカッターや皮スキによる縁切り作業に代わる、縁切り部材のことです。

この作業を行わないと、逃げ場を失い屋根に溜まった雨水が釘を伝い天井裏に浸水して、雨漏りの原因に…という事にもなりかねない大切な工程です。

 

植村様邸屋根錆止め.jpg

鉄部にはケレンをしたあと錆止めを塗ります。

 

鉄は熱によって収縮するため、釘抜けが起きている場合もあります。

よくチェックをし、塗装前に釘を打ちます。

マルキポイント熊.jpg マルキペイントでは
屋根の下塗りは3回塗るのが標準!!
計5回塗りがスタンダードです!
屋根下塗りは1回が多い業者の中で、なぜマルキペイントは「下塗り標準3回塗り」なのか。
それは、下塗りの工程をとても大事に想っているから。
いくら上塗り材に良い塗料を使っていても、脆弱な下地に塗ったのではその塗料本来の性能を発揮することは出来ません。
下地を強化する事こそ塗装において非常に重要と考えるからです。

 

植村様邸屋根プライマー1.jpg植村様邸屋根プライマー2.jpg

プライマーをたっぷり浸透させ、時間をおいてからもう一度塗ります。

マルキペイントで使っているプライマーは下地を強くするのにとても優れているので、弱くなっていた下地をしっかりと強化してから次の工程に進むことが出来ます。

植村様邸屋根サフェーサー.jpg下塗り3回目は屋根用のサーフェイサーです。

プライマーで強くなった下地を、今度はサーフェイサーで平滑にしていきます。

フィラー効果があり厚塗りが可能なので、吸い込みが少なく美しい仕上がりになります。

また、上塗材との密着を高める働きもあります。

 

 

植村様邸屋根中塗り.jpg植村様邸屋根上塗り.jpg

仕上げの塗料で、中塗りと上塗りをします。

下塗材との間にもう一層中塗りする事で、塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせます。

植村様邸の屋根上塗り材はロックペイントのハイパーユメロックです。

ハイパーユメロックは、紫外線や酸性雨に強い特殊三元ハイブリット形アクリルシリコン樹脂により優れた耐候性・耐久性を発揮し、特殊シリコンが塗膜面を親水化させることにより汚れを落としやすくしてくれます。

また仕上がりのつやがとても美しいのも特徴です。

 

page_banner_color_off.jpg

 

さいたま市植村様邸

【外壁塗装】

 
マルキクマポイント.jpg

外壁も屋根と同様下塗りが大切。

外壁は下塗り2回、計4回塗りがスタンダード!!

外壁下塗1回の塗装業者が多い中で、弊社は下塗り2回がスタンダード。

下地の強化と密着性、という目的をしっかり持って施工しています。

  

植村様邸外壁下塗り1.jpg植村様邸外壁サーフ.jpg

下塗りのシーラーは、主に下地と上塗り塗料との接着剤の役割りと、上塗り塗料の吸い込みムラを抑える役割りをします。

マルキペイントで使っているダイヤのワイドシーラーは、浸透性に優れ脆弱な下地に浸透して表面を固化します。

次に下塗り2回目としてパーフェクトサーフを使っています。

パーフェクトサーフは日本ペイントから出ている下塗材で、 下地の隠ぺい性に非常に優れ、また、クラックへの追従性も備えています。

きめが細かいので上塗りの吸い込みが少なく、上塗材の仕上がりが美しくなります。

植村様邸外壁中塗り.jpg植村様邸外壁上塗り.jpg

上塗り材は日本ペイントのパーフェクトトップです。

上塗り材のパーフェクトトップは、ラジカル制御技術(日本ペイントで特許出願中)により、ラジカルが塗膜に触れるのを抑えることで紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばします。

防藻・防カビ性や低汚染性も有している為、塗装外観の保持に非常に適した良い上塗り材なんです。

中塗り、上塗りをキッチリとすることで、紫外線などの厳しい環境から植村様のお家をしっかりと守ります。

さいたま市植村様邸

【付帯塗装】

【軒天塗装】                      【破風塗装】 

植村様邸軒天.jpg植村様邸破風塗装.jpg
 
【木部塗装】
 
植村様邸木部塗装.jpg
木部の塗装にはカビの繁殖や腐食を防ぐ木部専用の塗料を使います。
今回使ったのはキシラデコール。
 
木材に浸透し内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮します。
表面に余分な塗膜を作らず木の通気性を保つため木の呼吸を妨げないので、塗膜のフクレ、ワレがおこりません。
 
 【庇塗装】
 
植村様邸庇ケレン.jpg植村様邸庇錆止め.jpg
庇塗装はまず旧塗膜や錆などをケレンし綺麗にします。
そして下塗りとして錆止めを塗り、上塗材との密着や錆の抑制を抑えます。
 
植村様邸庇塗装1.jpg植村様邸庇塗装2.jpg
中塗りと上塗りをし、完成です。
 

さいたま市植村様邸

【施工後】

 
植村様邸施工後.jpg
 
完成です。
以前のお色も素敵でしたが、今度は何とも鮮やかで爽やかな青!
サッシやバルコニーの白がアクセントになっていますね。
 
外壁塗装 パーフェクトトップ
屋根塗装 ハイパーユメロック
参考金額 約100万円

 

 

お客様のお声はこちらから→さいたま市ラップサイディング塗装 お客様の声/*1398488808447*/

適正価格TOPバナー適正価格TOPバナー
職人を大事にしない会社が塗装工事を行うとこのようなリスクがある!!4回塗り こだわりの理由とは?
メールでのお問い合わせはこちら
施工事例をご紹介します
お客様の声をご紹介します
資格をもった診断士による 無料外壁診断
塗装業界の裏側
手抜き工事
「塗替えで失敗しないための教科書」無料進呈中